低木(その4)

PCサイトはこちら

フォッサギラ

フォッサギラ

白いボトルブラシのような白花が印象的です。生育がゆっくりで、樹形がコンパクトにまとまります。

ブッシュチェリー

ブッシュチェリー

低木で場所をとりません。初夏に小さな白い花が咲き、夏から秋にピンクの実が付きます。

ボケ

ボケ

江戸時代から庭植えや盆栽として栽培されていて、絞りや咲分けをするものもたくんあります。

ホザキシモツケ

ホザキシモツケ

「穂咲き」というのは、花が穂状に咲くことに由来しています。木が小さいうちから花が咲きます。

ホソバヒイラギナンテン

ホソバヒイラギナンテン

ヒイラギナンテンと違って、細葉で柔らかな印象の花木です。

ボタン

ボタン

原産は中国で、早くから日本に伝わり、百花の王と言われます。花の豪華さでは、他を圧倒します。

ボタンクサギ

ボタンクサギ

ピンクの小さな花がたくさん集まって大きなまり状になり、直径が12〜15pほどになります。

ホンコンドウダンツツジ

ホンコンドウダンツツジ

中国原産で常緑性です。花はドウダンツツジより大きく、蝋細工のような花がとても魅力的です。

マンリョウ

マンリョウ

万両という名前が縁起がいいので、正月用の縁起木として江戸時代から親しまれています。

ミツマタ

ミツマタ

早春に花が咲くこと、低木で場所をあまり取らないこと、そのうえ、香りのよい花木です。

ムラサキシキブ

ムラサキシキブ

ムラサキシキブという優雅な名前は、秋には熟する紫色の果実から来ています。

ムレスズメ

ムレスズメ

枝にたくさん花が咲いている様子がスズメが群れてとまっているのに似ているのが名前の由来です。

モスキートブロッカー

モスキートブロッカー

オーストラリア原産の花木で、シトロネラという成分を蚊が嫌うと言われています。

モッコウバラ

モッコウバラ

小輪ですが花つきがすばらしく、また、バラの中では病気にも強く育てやすい点が魅力です。

ヤマブキ

ヤマブキ

どちらかというとヤエヤマブキを見かけますが、一重の普通種もなかなかきれいです。

ユキヤナギ

ユキヤナギ

花付きがすばらしく、その名前のとおり早春に咲く花は格別の美しさがあります。

ラバテラ

ラバテラ

この属では、ラバテラ・ツリンギアカの宿根草や‘バイカラー’なども栽培されています。

レウコフィルム

レウコフィルム

銀葉の葉が美しい植物です。花の少ない時期に咲くためか、10月になると園芸店でもよく見かけます

レンギョウ

レンギョウ

早春の花木には、黄色の花が咲くものが多いような気がしますが、レンギョウもそのひとつです。

前へ        4

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。
分類別検索の一覧表へ戻ります。分類別検索の一覧表に戻ります。