中木(その1)

スマホサイトはこちら

青花エンジュ

青花エンジュ

マメ科
エンジュ属

木が小さいうちからよく花をつけます。花付きがよく、満開になると美しいものです。

【一口メモ】長くて鋭い棘に注意します。

アセビ

アセビ

ツツジ科
アセビ属

「馬酔木」と書くのは、枝葉に有害物質が含まれていて馬が食べると酔ったようになるところから来ています。

【一口メモ】生育はゆっくりで手間もほとんどかかりません。

アベリア

アベリア

スイカズラ科
ツクバネウツギ属

白い小さい花が群がるように咲きます。垣根によく利用されていますので見かけることの多い花木です。

【一口メモ】剪定としないと樹形が乱れてしまいます。

アメリカデイゴ

アメリカデイゴ

マメ科
デイゴ属

木が大きくなり、真っ赤な花が枝いっぱいに咲くので人目を引きます。

【一口メモ】広いスペースがいります。

アメリカナツツバキ

アメリカナツツバキ

ツバキ科
ナツツバキ属

北米南東部原産のツバキ科ナツツバキ属の落葉低木です。雄しべが濃い赤紫色をしているのが特徴です。

【一口メモ】自然な樹形を保つのが基本です。

イリシウム

イリシウム

シキミ科
シキミ属

シキミの仲間です。シキミの花はクリーム色ですが、赤やピンクの花が咲く種類があります。

【一口メモ】生育は比較的緩やかです。

ウツギ

ウツギ

アジサイ科
ウツギ属

名前の由来は、幹が中空なので「空木」という説と、卯月に咲くからという説があるようです。

【一口メモ】剪定は花後に行います。

ウンナンオウバイ

ウンナンオウバイ

モクセイ科
ソケイ属

開花すると株を覆うように咲いてとてもきれいですので、オウバイよりもよく植栽されてます。

【一口メモ】半つる性で枝がしだれます。

ウンナンネムノキ

ウンナンネムノキ

マメ科
カリアンドラ属

トキワネムノキとも呼ばれ、写真のように大変きれいな花が咲きます。

【一口メモ】暖地では庭植えができます。

エニシダ

エニシダ

マメ科
エニシダ属

長く伸びた枝にマメ科特有の蝶型の小さな花をびっしりと咲かせ、大変美しい花木です。

【一口メモ】木の寿命が短い

エンジェルストランペット

ナス科

キダチチョウセンアサガオ属

大きな花を下向きに咲かせている姿がよく目に付きます。花は晩秋まで咲いています。

【一口メモ】強い毒性がありますので、注意します。

オオチョウジガマズミ

スイカズラ科
ガマズミ属

ビバーナムの仲間の落葉中木です。花も美しいですが、香りがとてもよいことからよく栽培されています。

【一口メモ】通常の剪定は花後に行います。

オオデマリ

オオデマリ

スイカズラ科
ガマズミ属

オオデマリは、野生のヤブデマリから改良された園芸種で古くから栽培されています。桃色の品種も出ています。

【一口メモ】病害虫の発生もなく、手間がかかりません。

オオベニウツギ

オオベニウツギ

スイカズラ科
タニウツギ属

花色は、濃紅色だけではなく、ピンクや白花、そして葉に斑が入るものもあります。

【一口メモ】植えて3年も経つと、よく咲きます。

ガマズミ

ガマズミ

スイカズラ科
ガマズミ属

春に咲く白い花と秋の果実がきれいなので、庭木として利用されます。

【一口メモ】成育が旺盛で枝もよく伸びます。

カラタネオガタマ

カラタネオガタマ

モクレン科
オガタマノキ属

花は小さいですが、バナナに似た甘くて強い香りをもっていますので、バナナの木とも呼ばれます。

【一口メモ】あまり剪定の必要はありません。

キブシ

キブシ

キブシ科
キブシ属

果実をヌルデの五倍子(フシ)の代用として黒色の染料に使うことから、木ブシとも言われます。

【一口メモ】樹勢が強く、枝がよく伸びます。

ギョリュウ

ギョリュウ

ギョリュウ科
ギョリュウ属

元々は中国産のシネンシスのことですが、桃花のラモシッシマの‘ピンクカスケード’がよく出回っています。

【一口メモ】その年に伸びた新枝に花が咲きます。

ギョリュウバイ

ギョリュウバイ

フトモモ科
レプトスペルマム属

名前の由来は、葉がギョリュウに、花がウメに似ているところからきています。

【一口メモ】鉢植えの場合は、水切れに注意します。

ギンバイカ

ギンバイカ

フトモモ科
ギンバイカ属

葉にはユーカリに似た香気があることから、ハーブとしても利用され、マートルとも呼ばれます。

【一口メモ】自然に樹形をつくります。

1            次へ

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。分類別検索の一覧表に戻ります。