タニウツギ

タニウツギの花
写真 タニウツギ
撮影時期 2020.4.22
栽培状況 庭植え

科名

スイカズラ科

属名

タニウツギ属

学名

Weigela hortensis

園芸分類

落葉中木

別名

(特にありません)

原産地

日本

主な用途

庭植え

花期

4〜5月

【タニウツギについて】

タニウツギは、本州や北海道に自生しているスイカズラ科タニウツギ属の落葉中木です。ウツギという名前は付いていますが、ウツギの仲間ではありません。よく似た樹種に、同属で中国原産のオオベニウツギがあります。双方を比較すると、タニウツギの方が全体的にやや小ぶりな印象です。

名前は、枝や幹が中空になることと、谷間に自生することに由来する言われています。花がとても美しいことから、庭木としてもよく利用されています。

【栽培メモ】

枝が株元から叢生しますので、放任すると樹形が乱れることから、剪定をしながら育てていく必要があります。それ以外は、丈夫で育てやすいです花木です。

【育て方は下へ ↓ 】

【タニウツギの概要】

樹高

樹高は2〜3mほどになります。

ピンク〜濃紅色の小さな花が枝にびっしりと咲きますのでとてもきれいです。

タニウツギの花

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 強い

耐寒性、耐暑性とも強く、育てやすい花木です。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名の説明

Weigela・・・・・ドイツの C.E.von Weigel への献名

hortensis・・・・・「庭の」

【主な種類と品種】

タニウツギの仲間には、オオベニツウギハコネウツギ、ウコンウツギなどがあります。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ タニウツギは夏には花芽ができてきますので、通常の剪定は、花後に行います。

植え付け

落葉期の11月〜12月又は2〜3月頃が植えつけの適期です。木がかなり大きくなりますので、鉢植えでは少々窮屈ですがある程度までなら育てられます。

苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、腐葉土もしくはバーク堆肥を入れ庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

植えた後は、支柱をして、タップリと水やりをしておきます。

タニウツギの花

植え場所

日当たりのよい場所に植えつけます。半日陰程度でも問題なく育ちます。

日当たりの悪いところでは花付きが悪くなります。

剪定

タニウツギは夏には花芽ができてきますので、通常の剪定は、花後に行います。冬に強剪定をすると、せっかくできた花芽を切り取ることになります

12月〜2月の剪定は補助的に行います。伸びすぎた枝を切り詰めたり、逆枝、立ち枝、下がり枝などで特に目障りな枝を切り取って樹形を整えます。

枝が株元から叢生しますので、幼木のときは適宜に整理するとともに、古くなって衰えてきた枝は株元から切り取って枝を更新します。

肥料

植えつけ時に、植え穴の底に有機質肥料を少し入れておきます。後は、丈夫でよく生育しますので、やせ地でない限り肥料は必要としません。

病気・害虫

大きな被害を与えるものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップへ
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。