ホザキノボタン

ホザキノボタンの花
写真 ホザキノボタン
撮影時期 2013.8.25
栽培状況 鉢植え

科名

ノボタン科

属名

シコンノボタン属

学名

Tibouchina heteromalla
(= T. grandifolia)

園芸分類

常緑低木

別名

アツバノボタン

原産地

ブラジル

主な用途

鉢植え

花期

8〜10月

【ホザキノボタンについて】

ホザキノボタン(穂咲きノボタン)は、同属のシコンノボタンとは咲き方(花序)が異なっていて、その名のとおり穂状に花が咲きます。一輪の花の寿命は長くありませんが、つぼみがたくさん付くので、散っては咲き、散っては咲きというように咲き進んで長い間咲いてくれます。

特徴は、花だけでなく、種小名のとおり、葉がとても大きく立派なことです。最下段の写真にカエルが写っていますが、葉の大きさがわかるかと思います。葉にはシコンノボタンと同様の繊毛があります。

【栽培メモ】

シコンノボタンと同じように耐寒性が弱いですが、その点を除けば丈夫で病害虫の発生も少なく、育てやすい花木と言えます。

10号程度の大きな鉢に植えて枝を4本ほど伸ばしたところ、花茎が3本立ち上り、よく咲いてくれました。

【ホザキノボタンの概要】

ホザキノボタンの花

樹高

1〜1.5mほどになります。

花径3cmほどの赤紫の花が穂状に咲きます。花穂の長さは25〜30cmほどです。

咲き始めは1〜2輪ですが、すぐにたくさんの花が咲いてきます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 強い

耐寒性が弱いので冬は屋外に置けませんが、室内であれば葉も落ちず問題なく冬を越します。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら

栽培難易度

(冬の保温ができれば)比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名の説明

Tibouchina・・・・・原地の人々がこの植物に付けていた名前に因みます。

heteromalla・・・・・「異なる毛の」

grandifolia・・・・・「大きな葉の」

【主な種類と品種】

ノボタンの仲間は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 伸ばす新芽を制限すると花芽がつきやすくなります。

植え付け

園芸店やホームセンターなどで、開花株が売られていますので、これを買って育てることになります。耐寒性が弱いので、通常は、鉢での栽培になります。

購入した株は小さい鉢に植えられている場合がほとんどですので、その場合は、根鉢をあまり崩さないようにして、まずは7〜8号の大きい鉢に植え替えます。

ホザキノボタンの花

鉢植えの用土

赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

日当たりのよいところに置かないと花を楽しむことはできません。

植え替え

十分に暖かくなった4月中旬以降に、植え替えをします。

鉢が小さいときは毎年、大きい鉢に植えているときは2年に1回を目安に植え替えをします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を多く落として植え替えます。

日常の管理

丈夫な花木ですのであまり心配はいりませんが、水切れしないように注意します。

春になったら新芽が動き出しますが、全部の新芽を伸ばさず木が小さいときは1〜2芽、大きい株なら2〜3芽伸ばすようにすると花芽がつきやすくなります。

剪定

鉢植えで育てるには少し樹高が高くなりますので、花後に切り戻しをして、新芽が少し出たくらいで冬を越したほうが管理が楽です。

ホザキノボタンの花

ふやし方

花後に切り戻しをした枝先を挿木してみました。時期が遅いかなと思いましたが、無事に発根してくれました。

冬の管理

耐寒性が弱いので、冬は、室内に取り込み、水やりは控えめにします。

肥料

植え付け、植え替え時に緩効性の化成肥料を施し、後は、月1回程度置き肥をします。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップへ
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。