ツツジ(落葉性ツツジ)  Rhododendron spp.

オンツツジの花
写真 オンツツジ
撮影時期 2015.4.11
撮影場所 香美市香北町「香北の自然公園」にて
科名・属名

ツツジ科
ツツジ属

園芸分類

落葉低木
落葉中高木

別名

(特にありません)

原産地

日本ほか

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜5月

【落葉性のツツジについて】

日本は美しいツツジ類の豊富なことで知られていますが、大きくは常緑性と落葉性に分けることができます。園芸的には、サツキ、クルメツツジ、ヒラドツツジのように常緑性のツツジが発展してきましたが、落葉性のツツジは、ほとんど品種改良がなされていません。当然のことですが、植栽も少ないのが現状です。

しかし、落葉性のツツジも美しい花を咲かせるものはたくさんありますので、ここでは、落葉性のツツジの中からいくつか取り上げています。なお、レンゲツツジミツバツツジは別に取り上げています。

栽培したところでは、一部、耐暑性の弱い種類もありますが、ほんんどが育てやすいものです。

【花の特徴と性質】

落葉性ツツジの花

樹高

一般に栽培されているものは1〜3mほどです。

花色は多彩ですが、黄色〜オレンジの花が咲くものは限られます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫ですが一部に耐暑性が弱いものがあります。

【主な種類と品種】

落葉性のツツジにはたくさんの種類がありますが、カタログなどでよく見かけるものを紹介します。

オンツツジ
R. weyrichii

美しい大型のツツジで、花色は赤色が多いですが濃淡様々な花色があります。大型ですので、庭木として栽培されることはそれほど多くありません。

ゲンカイツツジ
R. mucronulatum var. ciliatum

樹高1〜2m程度の落葉性ツツジで、ツツジの中では最も開花の早いもののひとつです。花色はピンクのほか、紫がかったピンクや白花もあります。

クロフネツツジ
R. schlippenbachii

朝鮮半島などに分布する落葉性の小高木で、花は薄桃色です。

モチツツジ
R. macrosepalum

触ると粘々して、鳥もちなどに似ていることが名前の由来となっています。花は薄桃色の美しい花です。(写真:下)

ニオイツツジ
R. viscosum

北アメリカ原産のウィスコスム種とその交配種です。名前のとおり、甘い香りが特徴の落葉性のツツジです。(写真:中)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

一般的に、落葉性のものは11〜12月又は2〜3月の葉のない時期に植え付けます。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度のバーク堆肥と、やや酸性の土壌を好むのでピートモスも併せて入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

この際、根鉢は周囲を少しほぐす程度にして植えつけます。あまり根鉢を崩すと、後の生育が悪くなります。

鉢植えの用土

酸性土壌を好むので、鉢植えの用土は鹿沼土を主体にしたものが適しています。鹿沼土にバーク堆肥を2〜3割入れた用土などを使います。

植え場所・置き場所

庭に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。耐暑性の弱い種類は、午後は日陰になるようなところが適しています。

日当たりが悪いと花付きが悪くなって、ツツジ本来の花の美しさを味わうことができません。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きますが、夏場は半日陰に置いて鉢が乾きすぎるのを防ぎます。

モチツツジの花

植え替え

鉢植えは、2年に1回は植え替えます。

鉢から抜いて、表土と根鉢の土を軽く落として、一回り大きい鉢に植え替えます。

同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を落として植え替えます。

剪定

落葉性のツツジは、自然に樹形をつくっていきますので、それほど剪定の必要はありません。

また、常緑性のツツジと比較して、萌芽力が弱いので、大きくなりすぎた場合を除き、全体を刈り込むような剪定は避けるようにします。

花後に、密生している枝や伸びすぎた枝をつけ根から切る程度にしておきます。

肥料

1〜2月ごろと花後に、油カスを主体にした有機質肥料を与えます。

病気・害虫

最大の害を与えるのは、ベニモンアオリンガです。この害虫は、蕾を食い荒らします。

また、グンバイムシが発生すると、葉の色が白っぽく汚れてきます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。