ヨルザキアラセイトウ

ヨルザキアラセイトウの花
写真 ヨルザキアラセイトウ
撮影時期 2021.3.18
栽培状況 秋播き後、庭植え

科名・属名

アブラナ科
アラセイトウ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

ナイトセンテッドストック

原産地

ユーラシア

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【ヨルザキアラセイトウについて】

ヨルザキアラセイトウは、ストックと同じアラセイトウ属の秋播き一年草です。英名をナイトセンテッドストックというように、開花は夕方になり、日が射す頃には閉じてしまいます。強い香りではありませんが、顔を近づけると、ほんのりとよい香りが漂ってきます。

ストックと異なり、一重の花で派手な色彩ではないことと、夕方にならないと咲かないためか、ほとんど栽培されることはありません。しかし、はかなげな印象でなかなか風情があります。

【栽培メモ】

秋播きにして、花壇に定植するところまでは問題はなかったのですが、栽培途中で根腐れする株が相当に出ました。過湿になりすぎたのかもしれません。

写真の株は、10時ごろまで日が当たらない場所に植えていましたので、撮影をした9時ごろでもよく咲いていました。ただし、夜にはよい香りがしますが、その頃には、香りはなくなっていました。

【ヨルザキアラセイトウの概要】

ヨルザキアラセイトウの花

草丈

30pほどになります。

一重の淡いピンク色の花が夕方に咲き始めます。夜になると、ほんのりとよい香りがします。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 弱い

耐寒性があり、霜除けをせずに冬を越しました。耐暑性はありません。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名の説明

Matthiola・・・・・イタリアの医師で博物学者の P.A.Mattioli への献名

longipetala・・・・・「長い花弁の」

【主な種類と品種】

アラセイトウ属では、ストックがよく栽培されています。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 立ち枯れ病が発生しやすいので、その点に注意が必要です。

タネ播き

9月中旬〜10月上旬がタネまきの適期です。箱まきにして、薄く覆土します。まき時が遅くなると、苗が十分に育たないので、適期に播くことが大切です。

箱まきした場合は、発芽後、本葉が2〜3枚になったらポリポットに植え替えます。

植え付け

酸性土を嫌いますので、花壇に植え付けるときは、定植する前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。

タネを播いて育てた株は、ポットの底に根が回ったら花壇やプランターに定植します。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

ヨルザキアラセイトウの花

株間

20pほどにします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。ただし、日が当たると花が萎れてきますが、10時頃まで日陰になる場所であれば、朝方でも花がきれいに咲いてくれます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てますが、開花中は、朝方は日陰になるところに置くようにします。

日常の管理

鉢やプランターで育てる場合は、過湿にならないよう注意します。

冬の管理

耐寒性が強く、庭植えで冬を越します。鉢植えの場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

肥料

花壇に植える場合は、植え付け時に化成肥料を1u当たり30〜50gほど入れて置きます。

鉢やプランターに植える場合は、植え付け時に緩効性の化成肥料を元肥として与え、後は、暖かくなったら2週間に1回程度液肥を与えます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥は不要です。

病気・害虫

特にはないですが、やや立ち枯れ病が発生しやすいと言えます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。