テウクリウム Teucrium hircanicum

テウクリウムの花
写真 テウクリウム
撮影時期 2014.6.28
栽培状況 鉢植え
科名・属名

シソ科
テウクリウム属

園芸分類

耐寒性多年草

別名

コーカサスジャーマンダー

原産地

ヨーロッパ

用途

庭植え、鉢植え

花期

6月〜

【テウクリウムについて】

テウクリウム・ヒルカニカムは、シソ科の宿根草で、赤紫の花が穂状に咲きます。

耐暑性はそれほど強くないですが、花はよく咲きました。こぼれダネから発芽するようですので、夏に枯れた場合は、花後にタネを取って秋に播いてみようと思っていましたが、花後、タネを取る前に枯れてしまいました。

【花の特徴と性質】

草丈

40〜50cmほどになります。

赤紫色花が細長い穂状に咲きます。印象としてはベロニカの咲き方に似ています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性はあまり強くないので夏場の管理が大事になります。

【主な種類と品種】

テウクリウムの仲間には、ピンク色の小さな花が咲くキャットタイム (Teucrium marum) や淡いブルーの花が咲くツリージャーマンダー (Teucrium fluticans) があります。

【育て方と栽培のポイント】

テウクリウムの花

植え付け

春又は秋に植えつけます。春に苗を植えてもその年に花が咲きます。

植え場所・置き場所

日当たりのよいところを好みますが、夏場の高温多湿を嫌いますので、庭植えの場合は午後は日陰になるか、落葉樹の下など半日陰になるところが適しています。

鉢植えの場合は、夏は半日陰の涼しいところで育てます。

日常の管理

それほど分枝をしないので、摘芯をして枝数を増やすようにします。

繁殖は、挿木もできますし、こぼれダネから発芽するほどですので、タネから育てることもできます。

肥料

生育期間中に2週間に1回程度液肥を与えていますが、順調に育っています。

病気・害虫

未確認です。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。