トリトニア Tritonia spp.

トリトニアの花
写真 トリトニア・クロカタ
撮影時期 2007.4.21
栽培状況 鉢植え
科名・属名

アヤメ科
トリトニア属

園芸分類

半耐寒性秋植え球根

別名

ヒメアヤメ

原産地

南アフリカのケープ地方原産

用途

鉢植え

花期
4月

【トリトニアについて】

トリトニアは、南アフリカ原産のアヤメ科の秋植え球根です。カタログで見かけることがやや少なく、バビアナスパラキシスイキシアなどと比較すると、あまり栽培される機会はないように思います。

主に栽培されているのは、クロカタ種(T. crocata)で、その他にはヒアリーナ種(T. hyalina)があるようですが、種苗会社のカタログなどでは、単にトリトニアとして出ています。

栽培したところでは、花は美しく、寒さに気をつければ栽培は容易です。

【花の特徴と性質】

トリトニアの花

草丈

20〜30pほどです。

花径3〜4pで、花色は橙色が一般的ですが、黄、白、ピンクなどの花もあります。

耐寒性・耐暑性

半耐寒性で、寒さにはあまり強くありません。

学名の説明

Tritonia・・・・・ triton(風見鶏)が語源です。
※ 雄ずいの方向が変わることに由来しています。

crocata・・・・・「サフラン色の」、「サフランのような」

laxifolia・・・・・「ルーズリーフの」

hyalina・・・・・ギリシャ語の hualinos(ガラス)が語源です。

【主な種類と品種】

クロカタ
T. crocata

園芸品種として栽培されている大半が本種です。スパラキシスに近い感じの花で、草姿はフリージアによく似ています。花色は赤やピンクなどがあります。

ラクシフォリア
T. laxifolia

原種のトリトニアで、少し淡いオレンジの花が咲きます。とても丈夫で、増えすぎるほどよく増えます。

ヒアリナ
T. hyalina

花被片の基部が細くなって、透けるようになります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

10月上旬〜下旬が植え付の適期です。暖地では霜除けすれば庭植えできますが、それ以外は鉢やプランターでの栽培になります。

花壇に植える場合は、植えつけの前に苦土石灰を撒いて耕しておきます。植え付けの際は、バーク堆肥(腐葉土)を入れて、庭土とをよく混ぜてから植え付けます。

トリトニアの花

鉢植えの用土

鉢やプランターに植える場合は、市販の球根用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え付けの深さ

球根の上に3cmほど土が被る程度の深さに植え付けます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

株間

庭植えは5〜10cmほどにします。鉢植えの場合は5号鉢に5〜6球程度が目安です。

植え替え

花壇に植えた場合は、数年は植えっぱなしにできますので、株が混みあってきたら植え替えます。

鉢やプランターに植えた場合は、毎年掘り上げて植え替えます。

日常の管理

花の終わった花茎をそのままにしておくと、新しい球根の肥大が悪くなりますので早めに切り取ります。

冬の管理

寒さには強くないので、鉢やプランターに植えた場合は、軒下もしくは室内で管理します。

無霜地帯は別ですが。霜の降りる地域は、暖地でも庭植えにした場合は霜除けが必要です。

休眠期の管理

6月頃に葉が黄変してきたら掘り上げます。

掘り上げた球根は、水洗いして日陰で乾燥させます。

トリトニアの花

球根が乾いたら、分球しているものは球根を分けてネットの袋などに入れて、植えつけ時まで保管しておきます。

保管場所は、雨の当たらない日陰の風通しのよいところにします。

鉢やプランターに植えた場合は、掘り上げずに鉢ごと乾燥させて保管してもかまいません。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与えます。後は、春になったら液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。