ダイヤーズカモミール Anthemis tinctoria

ダイヤーズカモミールの花
写真 ダイヤーズカモミール
撮影時期 2015.5.31
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

キク科
アンテミス属

園芸分類

宿根草、秋まき一年草

別名

コウヤカミツレ
アンテミス・ティンクトリア

原産地

ヨーロッパ

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【ダイヤーズカモミールについて】

ダイヤーズカモミールは、ヨーロッパ原産のキク科の宿根草です。カモミールという名前が付いていますが、香りはほとんどありません。別名のコウヤカミツレとは、紺屋のカモミールという意味で、本種が草木染めの原料として利用されてことに由来します。

なお、カモミールと名の付くものには、ジャーマンカモミールローマンカモミールがあり、ハーブとしてよく栽培されています。

香りこそないものの、黄色の花がたくさん咲いて美しいので、よく栽培されます。また、寒さに強く、丈夫で切れ込みのある葉もなかなか美しいものです。

栽培したところでは、ダイヤーズカモミールは、本来は宿根草ですが耐暑性はあまりなく、写真の株も夏には枯れてしまいました。タネからでも容易に育てることができますので、暖地では秋播き一年草と考えればよいかと思います。

【花の特徴と性質】

ダイヤーズカモミールの花

草丈

摘芯をせずに育てると1m近くになりました。

花径3pほどの黄色の花が咲きます。オレンジ色の品種もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がありますが、耐暑性はあまり強くありません。

学名の説明

Anthemis・・・・・ギリシャ語の anthemon(花)が語源です。

tinctoria・・・・・「染色用の」、「染料の」

【主な種類と品種】

黄色の花のほかにオレンジの花が咲く品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

発芽適温は15〜20度ですので9月下旬〜10月中旬にタネを播きます。タネが細かいので育苗箱などにタネが重ならないように播き、薄く覆土をします。寒地の場合は、春播きになります。

発芽後、本葉が2〜3枚になったらポットや小鉢に植え替えます。

植え付け

本葉が5〜6枚になって、ポットに根が回ってきたら花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合は、植え付け前に苦土石灰を1uあたり100gほど播いて耕しておきます。植え付ける際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢植えの場合は、株が大きくなりますので、大きめの鉢やプランターに植え付けます。

ダイヤーズカモミールの花

株間

定植後、しばらくはゆっくりと生育しますが、暖かくなると、どんどんと株が大きくなります。

ですので、花壇に植える場合は30pほどにします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに定植します。

鉢やプランターも日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

宿根草ですので、開花後は地際から伸びた新芽を残し切り戻しをします。

ただし、暖地では夏越しが難しいです。

冬の管理

耐寒性がありますので、霜除け等は必要ありません。

肥料

花壇に植える場合は、植え込み時に化成肥料を1u当たり50gほど入れて庭土とよく混ぜておきます。追肥はほとんど必要ありません。

鉢やプランターの場合は、植え付け、植え替え時に緩効性肥料を与え、暖かくなったら液肥を月2〜3回与えます。

病気・害虫

暖かくなってくるとアブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。