ダイモンジソウ(大文字草) Saxifraga fortunei var.incisolobata

ダイモンジソウの花
写真 ダイモンジソウ
撮影時期 2003.10.7
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ユキノシタ科
ユキノシタ属

園芸分類

常緑宿根草

別名

イワブキ

原産地

日本、中国

用途

鉢植え

花期

10〜11月

【ダイモンジソウについて】

ダイモンジソウは秋を代表する山野草ですが、園芸品種もたくさんあり、色、形もバライティに富んでいます。花弁の下の2枚が大きく、「大」の字に見えることからきています。

耐暑性はそれほど強くありませんが、涼しいところで管理をすれば関東以西の暖地でも夏を越すことができます。

栽培したところでは、ふつうの駄温鉢に鹿沼土主体で植え、夏はフジの下でほとんど日の当たらないところに置いていますが、何とか夏を越しています。

【花の特徴と性質】

ダイモンジソウの花

草丈

園芸品種は10〜15pほどのものが多いようです。

自生種は白花の一重ですが、園芸品種は、花色が赤、桃、白などで、一重の他に八重咲きもあります。

花径は2〜3pのものが多いようです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、耐暑性もそこそこあります。

学名の説明

Saxifraga・・・・・ saxum(石)+ fragere(砕く)が語源です。

fortunei・・・・・19世紀に中国で活動したスコットランドの植物コレクター Robert Fortune に因みます。

incisolobata・・・・・「浅い切れ込みのある」

【主な種類と品種】

ダイモンジソウの園芸種はたくさんありますので、いくつかを紹介します。

かぐやひめ

花つきのよいピンクの八重咲きです。

白糸の滝

純白の美花で、花つきのよい品種です。

武甲の輝

大の字がはっきりとした紅花の定番品種です。

紅王

深紅の花弁が広く重量感のある品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

鉢物は、春から花時まで長い間、園芸店やホームセンターなどに出ていますので、これを買って育てることになります。花壇に植えると根腐れしやすいので鉢で、通常は鉢での栽培になります。

ダイモンジソウの花

鉢は、平鉢でも一般的な鉢でも構いませんが、鉢の縁よりも芽がやや高くなるように植えます。

鉢植えの用土

用土は、市販の山野草の培養土、あるいは鹿沼土と腐葉土を4対1程度混ぜたものなど水はけのよいものを使います。

置き場所

ダイモンジソウは、山地の明るい日陰の湿った岩場などに好んで生えますので、半日陰のところで栽培します。

植え替え

株分けを兼ねて、春の目出しのころに行います。

株分けをするときは、根を丁寧にほぐして、できるだけ古い用土を落とします。枯れた茎や葉を取り除いて、新しい用土に植えつけますが、あまり細かく分けすぎないようにします。

株分けをしないなら、一回り大きめの鉢に植え替えます。

日常の管理

乾燥には弱いので、十分に水をやります。

花が終わったら、花茎は早めに切り取っておきます。

夏の管理

高温を苦手としますので夏場は直射日光を避けて日陰で管理します。水やりの回数を増やして乾燥させないように注意します。

ダイモンジソウの花

冬の管理

冬は休眠しますので、水やりは控えめにします。耐寒性が強いので、霜除け等の必要はありません。

ふやし方

植え替えの時に、株分けをして増やすことができます。

肥料

春と花後に固形肥料を置き肥します。あまり多肥にする必要はありません。

病気・害虫

ヨトウムシに葉を食べられることがあります。被害が大きくなるので、夜、見つけしだい駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。