シンニンギア

シンニンギアの花
写真 シンニンギア・カルディナリス
撮影時期 2021.6.30
栽培状況 鉢植え(開花株購入)

科名

イワタバコ科

属名

オオイワギリソウ属

学名

Sinningia cardinalis

園芸分類

春植え球根

別名

断崖の緋牡丹

原産地

ブラジル

主な用途

鉢植え

花期

6〜10月

【シンニンギアについて】

シンニンギアとは、イワタバコ科オオイワギリソウ属のことで、この属では、グロキシニアがおなじみですが、ここで取り上げているブラジル原産のカルディナリスは、グロキシニアの近縁種で形質も似通っています。もっとも、花の形や咲き方(花序)はかなり異なっています。

カルディナリスは、種小名のとおり緋色の筒状の花ですが、花茎が伸びていく節ごとに10輪ほど咲いていきますのでグロキシニアとは、趣を異にします。

なお、「断崖の緋牡丹」という名前で呼ばれることがありますが、これは、同属のレウコトリア(S. leucotricha)が「断崖の女王」と呼ばれていることにあやかったものと思われます。

【栽培メモ】

開花株を購入したところで、グロキシニアとほほ同じように管理していきますが、詳細は、後日、追記していきます。

【育て方は下へ ↓ 】

【シンニンギア・カルディナリスの概要】

草丈

25〜30pほどになります。

長さが6pほどの筒状の花で、鮮やかな緋色の花が輪生するように咲いていきます。

シンニンギアの花

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 比較的強い

耐寒性は弱く、冬越しさせるには、室内に置きます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:(未確認)

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名の説明

Sinningia・・・・・19世紀のドイツの園芸家 Wilhelm Sinning への献名

cardinalis・・・・・「緋色の」、「深紅色の」

【主な種類と品種】

本種とグロキシニア以外のものを紹介します。

断崖の女王
S. leucotricha

塊根植物で、現地では崖にへばりつくように生えることからこの名前が付いたと言われています。葉の表面がビロード状の毛で覆われ銀白色に見えます。花はオレンジ色です。

ブラータ
S. bullata

断崖の女王と同じような塊根植物で、オレンジ色の筒状の花が咲きます。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 基本的にはグロキシニアに準じて育てます。

植え付け

シンニンギア・カルディナリスは、寒さに弱く、また、直射光を嫌うことから、鉢植えでの栽培になります。

購入した株が根詰まり気味のときは、一回り大きめの鉢に植え付けます。

鉢植えの用土

用土は、赤玉土、ピ−トモス、腐葉土(又はバーク堆肥)を5:2:3程度に混ぜた用土などを使います。

シンニンギアの花

置き場所

栽培で気をつけることは、葉焼けを起こさないようにすることです。

直射日光を嫌いますので、年間を通じて、室内の明るい日陰に置いて管理します。窓際に置く場合、日が室内に差し込む時期はレースのカーテンで遮光します。

植え替え

植え替えは、芽が出始める4月中旬ごろに行います。鉢から球根を掘り上げ、古い土と根を落として、球根が少し隠れる程度の浅植えします。

日常の管理

水やりは、鉢の表面が乾いてから、花と葉に水がかからないようにして与えます。本来、高温多湿を好みますが、過湿にすると病気にかかりやすくなります。

葉が折れやすいので、取り扱いに注意します。また、咲き終わった花や枯れた葉をそのままにしておくと、病気の原因になりますので、早めに摘み取っておきます。

夏の管理

部屋を閉め切ったままにしておくと、灰色カビ病などが発生しやすくなりますので、できるだけ窓を開けて風通しをよくしてやります。

冬の管理

寒くなってくると、葉が枯れてきて休眠期に入ってきますので、水やりを中止します。枯葉を取り除き、春までそのままにして暖かいところで保存します。

肥料

植え付け、植え替えのときに緩効性の化成肥料を培養土に混ぜ込みます。後は、成育期間中、緩効性の固形肥料を定期的に与えるか、液肥を月2〜3回ほど与えると長い間咲き続けます。

病気・害虫

過湿にしたり、葉や花に水をかけたりしていると、疫病や灰色カビ病などが発生する場合があります。

ページのトップに戻ります。このページのトップへ
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。