サクララン

サクララン
写真 サクララン
撮影時期 2016.9.3
栽培状況 鉢植え

科名・属名

ガガイモ科
サクララン属
(ホヤ属)

園芸分類

常緑ツル性低木

別名

ホヤ・カルノーサ

原産地

東アジア、オーストラリア

用途

鉢植え

花期

8月〜9月

【サクラランについて】

サクラランは、東アジアやオーストラリア原産のカガイモ科サクララン属(ホヤ属)のつる性低木で、ホヤの中では最もよく栽培されています。名前の由来は、きれいなサクラ色の花が咲くことと、葉がランに似ているからだと言われています。

肉厚の葉には白い斑が入ることから、花がないときは観葉植物としても楽しむことができます。

栽培したところでは、春に小さなポット苗を購入して育てたところ3年目でやっと咲きました。過湿に気をつければ栽培は特に難しくなく、生育も良好です。

【サクラランの概要】

草丈

つる性ですのでアンドン仕立てにしますが、支柱の高さは、大きくなっても1mほどには収まりそうです。

花色は、その名のとおりきれいな桜色の花が一斉に咲きます。一つの花は花径が1.5cmほどです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 強い(直射光を嫌います)

耐暑性は強いですが、耐寒性はありません。最低5度は必要です。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Hoya carnosa

学名の説明

Hoya・・・・・イギリスの園芸家 Thomas Hoy に因みます。

carnosa・・・・・「肉質の」

【主な種類と品種】

フイリサクララン
H. carnosa cv. Variegata

葉に斑が入る品種です。

コンパクタ
H. carnosa cv. Compacta

節間がつまり、葉がよじれたような品種です。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 過湿に弱いので、鉢土の表面がよく乾いてから水やりをします。

植え付け

耐寒性がないことと過湿に弱いので、鉢での栽培になります。また、ツル性ですので、あんどん支柱に絡ませながら育てます。

苗は、春ごろに園芸店などで見かけますので、これを買って植え付けます。ほとんどの場合、ポット苗に植えられていますので、まずは、5号又は6号程度の鉢に植えつけます。

鉢植えの用土

多肉植物用の用土などを使います。鹿沼土、赤玉土、バーク堆肥を等量に混ぜた用土を使っていますが、よく育っています。

サクララン

置き場所

秋から春は、日当たりのよいところに置きます。日当たりが悪いと花付きが悪くなります。梅雨時や長雨の続きそうなときは、雨のかからないところに移した方が安全です。

そういうことからして、出し入れの簡単なベランダなどが置き場所に向いています。

植え替え

2年に1回程度、5月ごろに植え替えます。枯れた根を取り除く程度にして、一回り大きい鉢に植えつけます。

植え替えをしないで、そのままにしておくと花が咲かなくなってしまいます。

日常の管理

過湿に弱いので、鉢土の表面が乾いてから水やりをします。

暖かくなってくると、つるが伸びてきますので、順次、支柱に誘引してやります。

剪定

サクラランは、一度咲いたところに毎年花を付けますので、花の咲いたツルはできるだけ切らないようにします。

もっとも、長く伸びてきたツルに、順次、花が咲くようになりますので、それほど神経質になる必要はありません。

夏の管理

夏の強光に当てると葉焼けしますので、直射日光を避け、明るい日陰に移します。

冬の管理

耐寒性がないので、冬は、室内の暖かいところに置きます。水やりはごく控えめにし、鉢土が十分に乾いてから軽く水やりします。

ふやし方

挿し芽で増やすことができます。5〜7月ごろに、3節くらいの長さに切って、鹿沼土やバーミキュライトなどに挿します。

肥料

成育期間中、月1回程度置き肥をするか、月に2〜3回液肥を与えます。

病気・害虫

カイガラムシが付きやすいので、見つけたら早めに歯ブラシなどを使ってこすり落としておきます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。