ジプソフィラ・ムラリス

カスミソウの花
写真 ‘ジプシーディープローズ’
撮影時期 2017.5.6
栽培状況 秋まき後、プランターで栽培

科名・属名

ナデシコ科
カスミソウ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

ベイビーズブレス
(英名)

原産地

ヨーロッパ
中央アジア

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜6月

【ジプソフィラ・ムラリスについて】

カスミソウといえば、一般には草丈の高くなるエレガンス(G. elegans)や宿根カスミソウ(G. paniculata)がおなじみですが、矮性のムラリス(G. muralis)もよく栽培されます。

ムラリスは、矮性で、カーペット状に横に広がっていきます。ですので、鉢植えやプランターなどで育てるのにも向いています。

エレガンスと同様、タネがとても細かいですので、発芽から苗が小さい間は細かな注意が必要です。

栽培したところでは、エレガンスと同様、発芽後の成育がとてもゆっくりで、秋に定植するところまで育ちませんでした。そこで、ビニールハウスで育て、春にプランターに定植しましたが、気温が上がるにつれて成育のスピードが速くなり、よく咲いてくれました。

【ジプソフィラ・ムラリスの概要】

草丈

20〜30pほどで、横に広がっていきます。

茎がよく分枝し、枝先に名前のとおり霞のように無数の小さな花をつけます。花色はピンクの品種がよく栽培されますが、白花もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 比較的強い
耐暑性 弱い

寒さや乾燥には比較的強いですが、高温多湿が苦手です。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ タネから育てる場合:やや難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Gypsophila muralis

学名の説明

Gypsophila・・・・・ギリシャ語の gypsos(石灰)+ phylos(好む)語源です。
※ カスミソウ属のいくつかの種類が石灰質のところに自生していたことによるものです。

muralis・・・・・「壁の」

【主な種類と品種】

‘ジプシーディープローズ’

ジプシー系の品種です。草丈25〜30cmほどで、濃いピンクの花が咲きます。

‘ジプシーホワイト

同じジプシーシリーズの白花です。

【育て方と栽培のポイント】

タネから育てる場合は、基本的にはエレガンス種と同様です。

栽培のポイント

※ 通常の栽培では、年内に定植できる株に育てることはやや難しいと言えます。その場合は、フレームなどで冬を越して、春になって植え付けます。

タネまき

タネから育てる場合は、暖地では秋まき、寒冷地では春まきにします。発芽適温が15〜20度なので、9月下旬〜10月中旬にまきます。

タネが小さいので、細かな用土を入れた育苗箱にまき、薄く覆土をします。初期の成育がエレガンス種よりも、さらにゆっくりでしたので、本葉が2〜3枚のころに一度2号のポットに植え付けます。そして、ポットに根が回る頃に、3号ポットに植え替えて苗を育てました。その方が失敗が少ないように思われます。

植え付け

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけの1週間ほど前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。

ポットの底に根が回ってきたら花壇やプランターなどに定植しますが、通常の栽培では、年内に定植できる株に育てることはやや難しいと言えます。その場合は、フレームなどで冬を越して、春になって植え付けます。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

園芸店には、春にポット苗で売られていますので、これを買って植え付けると手軽に楽しめます。

ジプソフィラ・ムラリスの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

株張りがよいので25pほどにします。プランターの場合は、径の大きな浅底の丸形のものに3株が目安です。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりと風通しのよいところに置きます。

日常の管理

鉢やプランターは、過湿にすると立ち枯れ病が発生しやすくなります。

矮性ですので、定植後は、ほとんど手間はかかりません。

冬の管理

苗の生育がゆっくりですので、秋に定植するところまで育たない場合は、フレームなどで苗を育てます。

肥料

多肥にする必要はありません。花壇に植える場合は、化成肥料を1u当たり20〜30gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、春になったら追肥として液肥を2週間に1回程度施します。用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、追肥として液肥を定期的に与えます。

病気・害虫

アブラムシが付いたり、ウドンコ病が発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。