アンミ・ビスナガ

アンミ・ビスナガの花
写真 アンミ・ビスナガ
撮影時期 2014.6.30
栽培状況 こぼれダネから開花

科名・属名

セリ科
ドクセリモドキ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

イトバドクゼリモドキ

原産地

ヨーロッパ、アジア、北アフリカ

用途

庭植え

花期

5〜6月

【アンミ・ビスナガについて】

アンミ・ビスナガは、セリ科のアンミ属の秋まき一年草ですが、アンミ・マユス (Ammi majus) と同様にホワイトレースフラワーと呼ばれることもあります。花を見ただけでは、なかなか区別がつきませんが、イトバドクゼリモドキとも呼ばれるように葉が繊細な方がアンミ・ビスナガです。原産は、ヨーロッパ、アジア、北アフリカです。

アンミ・ビスナガも、アンミ・マユスと同様、白く繊細な小花がレースのような印象を与えます。

【栽培メモ】

大変丈夫で、毎年こぼれダネからよく育って、きれいな花が咲いていました。開花時期は、アンミ・マユスよりも遅く見ごろを迎えました。

【アンミ・ビスナガの概要】

アンミ・ビスナガの花

草丈

100〜150pほどになります。

小さな花が40個程度程集まって、直径2pほどになり(小散形花序といいます。)、それが更に40個程傘状に集まって(複散形花序といいます。)直径15センチ程のレース状の花になります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 弱い

本来は宿根草のようですが、耐暑性が弱いので一年草として扱われます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

タネから育てる場合:やさしい

※ 苗から育てる場合:やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Ammi visnaga

学名の説明

Ammi・・・・・この植物の古ラテン名に由来します。

visnaga・・・・・ bisnaga の異なるつづりで、玉サボテンに由来しています。

【主な種類と品種】

和名をイトバドクセリモドキというように葉が繊細で、大きな花房に特徴があります。こぼれダネでよく花が咲きます。'グリーンミスト'という品種があります。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ タネから育てる場合は、直まきにするか、ポリポットに直接播きます。

タネまき

9月下旬〜10月中旬ごろがタネまきの適期です。寒地では春まきが一般的です。直根性のため移植を嫌いますので、直まきにするか、ポットや小鉢に直接播きます。覆土は2mmほどにします。

直まきの場合は、30〜40cmほどの間隔で2〜3粒播いて、発芽後、しっかりした苗を残して間引きします。ポットに播いた場合も、発芽後1本に間引きます。

植え付け

ポットに播いた場合は、根がポットの底に回ってきたら花壇に定植します。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。

植え付ける際は、腐葉土(又はバーク堆肥)を1u当たり10Lほど入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

アンミ・ビスナガの花

株間

株が大きくなりますので、30〜40pと広く取ります。

植え場所

日当たりを水はけのよい場所を好みます。

日常の管理

暖かくなってくると草丈が高くなるので、支柱を立てて倒伏を防ぎます。終わった花は早めに摘み取るようにすると次々に花を咲かせます。

冬の管理

比較的耐寒性があり、温暖地ではこぼれダネから育つくらいですので、霜除けは必要ありません。

肥料

元肥に緩効性肥料を与えますが、多肥にすると倒伏しやすくなりますので控えめにします。

病気・害虫

それほど被害を与えるものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。