ホワイトレースフラワー

ホワイトレースフラワーの花
写真 アンミ・マユス
撮影時期 2015.5.29
栽培状況 秋まき後、庭植え

科名・属名

セリ科
ドクゼリモドキ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

ドクゼリモドキ

原産地

地中海沿岸地域

用途

庭植え

花期

5〜6月

【ホワイトレースフラワーについて】

ホワイトレースフラワーは、地中海沿岸地域原産のセリ科ドクセリモドキ属の秋まき一年草です。一般には、アンミ(アミ)・マユス (A. majus) をホワイトレースフラワーと呼びますが、アンミ(アミ)・ビスナガ (A. visnaga) もホワイトレースフラワーと呼ばれます。花を見ただけでは、なかなか区別がつきませんが、葉が繊細な方がアンミ・ビスナガです。

よく似た花にオルレアがありますが、こちらは花の形が違いますので、すぐに見分けがつきます。

ホワイトレースフラワーは、白く繊細な小花がレースのような印象を与え、切り花としても人気があります。

【栽培メモ】

大変丈夫で、タネから育てても栽培は簡単です。寒さの厳しいときに、不織布を掛けておきましたが、よい結果が得られました。

【ホワイトレースフラワーの概要】

ホワイトレースフラワーの花

草丈

100〜150pほどになります。

小さな花が40個程度程集まって、直径2pほどになり(小散形花序といいます。)、それが更に40個程傘状に集まって(複散形花序といいます。)直径15センチほどのレース状の花になります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 比較的強い
耐暑性 弱い

本来は宿根草のようですが、耐暑性が弱いので一年草として扱われます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ タネから育てる場合:比較的やさしい

※ 苗から育てる場合:やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Ammi majus

学名の説明

Ammi・・・・・この植物の古ラテン名に由来します。

majus・・・・・「より大きい」

visnaga・・・・・ bisnaga の異なるつづりで、玉サボテンに由来しています。

【主な種類と品種】

和名をドクゼリモドキと言います。アンミ・ビスナガと比較すると、葉が少し幅広です。'クィーンオブアフリカ'や'グレースランド'という品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 暖かくなってくると草丈が高くなってきますので、支柱を立てて倒伏を防ぎます。

タネまき

9月下旬〜10月中旬ごろがタネまきの適期です。寒地では春まきが一般的です。直根性のため移植を嫌いますので、直まきにするか、ポットや小鉢に直接まきます。覆土は2mmほどにします。

直まきの場合は、30〜40cmほどの間隔で2〜3粒まき、発芽後、しっかりした苗を残して間引きします。ポットに直接まいた場合も、発芽後1本に間引きます。

植え付け

ポットにまいた場合は、ポットに十分根が回ってきたら花壇やプランターに定植します。株が大きくなりますので、庭植えに適していますが、プランターでも栽培できないことはありません。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。

植え付ける際は腐葉土(バーク堆肥)を1u当たり10Lほど入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

ホワイトレースフラワーの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

30〜40pと広く取ります。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

暖かくなってくると草丈が高くなってきますので、支柱を立てて倒伏を防ぎます。

終わった花を早めに摘み取るようにすると、次々に花が咲いてくれます。

冬の管理

比較的耐寒性があり、暖地では霜除けは不要ですが、寒さの特に厳しいときは不織布を掛けておくと、後の生育がよくなります。

肥料

花壇に植えた場合は、多肥にすると倒伏しやすくなりますので控えめにします。プランターに植えた場合は、元肥に緩効性肥料を与え、追肥に液肥を与えます。

病気・害虫

それほど被害を与えるものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。