ユーフォルビア Euphorbia

ユーフォルビアの花
写真 ‘マーティニー'
撮影時期 2008.4.29
栽培状況 鉢植え
科名・属名

トウダイグサ科
ユーフォルビア属

園芸分類

宿根草

別名

特にありません。

原産地

ヨーロッパ〜南西アジアほか

鉢植え

花期

4〜5月

【ユーフォルビアについて】

ユーフォルビアは、トウダイグサ科の植物で世界に広く分布しています。一年草、宿根草、低木などに分かれる大所帯で、形態も変化に富んでいます。おなじみのところでは、ポインセチアハナキリンがこの属ですし、一年草のハツユキソウショウジョウソウもこの仲間です。

また、多肉植物としても、非常にたくさんの種類があります。

その中で、通常、園芸店や種苗会社のカタログなどで花物としてよく見かけるユーフォルビアは、主に宿根草タイプのユーフォルビア・カラシアス(Euphorbia characias)やポリクロマ(Euphorbia polychoma) などです。ここでは、それらの宿根性の種や品種を取り上げています。

栽培したところでは、耐寒性もありおおむね丈夫ですが、夏に多湿にして枯れてしまったものもありましたので、鉢植えの場合は、やや乾燥気味に育てることが大切だと思います。

一方で、ウルフェニーは、家の南側の暖かいところに植えていますが、宿根して大株になり咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

ユーフォルビア ウルフェニーの花

草丈

(品種名を参照してください。)

(品種名を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性は種類によってやや異なりますが、極端な暑さ、寒さを嫌います。

総じて言えば、比較的耐寒性はありますが、高温多湿は苦手です。

学名の説明

Euphorbia・・・・・ローマ時代の医師 Euphorbus に因みます。

characias・・・・・古代ギリシャの医師ディオスコリ(Dioscorides)がこの種のために使用した xaraxias に由来します。

polychroma・・・・・ギリシャ語の poly(多い)+ chromo(色)が語源です。

cyparissias・・・・・ ギリシャ語の kuparissos(キプロス)が語源です。

【主な種類と品種】

ウルフェニー
E. characias ssp. wulfenii

イエローグリーンの花で耐寒性があり、耐暑性も比較的強く、関東以西の暖地では庭植えが可能です。(写真:上から2枚目)

‘マーチニー'
E. characias ‘Martini’

カラシアス系でよく見かける品種です。草丈60〜80p程度で、イエローグリーンに赤のアクセントが入ります。耐暑性はあまり強くないとされていいます。

‘ブラックパール'
E. characias ‘Black pearl’

草丈は60cmほどで、黒褐色の花が印象的な品種です。(写真:最下段)

‘フェンスルビー'
E. cyparissias ‘Fens Ruby’

草丈は20〜30cmで、細葉が美しい品種です。秋には葉が色づきます。花は黄色で、密に咲くのでこちらもきれいです。耐暑性が強い品種です。(写真:下から2枚目)

ポリクロマ
E. polychroma

草丈は30〜40cmほどで、黄色の小さな花がたくさん咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

高温多湿に弱いことと、霜に当たると枯れてしまうので、通常は、鉢植えで栽培します。開花株が春に園芸店などに出回りますし、苗は秋にも売られていることが多いようですので、これらを買って育てます。

ユーフォルビア フェンスルビーの花

ポリポットに植えられている場合など、購入した株の鉢が小さいときは、根鉢をあまり崩さないようにして一回り大きな5号鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

水はけのよい培養土に植えつけます。栽培したところでは、キャラシアス系は水はけがよくない用土に植えると根腐れしやすいので、山野草の培養土でもかまいません。

キパリッシアス系はもう少し多湿に耐えてくれました。

置き場所

日当たりのよいところを好みますが、夏場は半日陰か西日の当たらないところに置きます。

また、高温多湿を嫌うので、梅雨時から夏場は長雨に当てないようにします。

植え替え

2年に1回を目安に植え替えをします。時期は3〜4月又は10〜11月が適期です。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、植え替えます。

日常の管理

多湿を嫌うので、やや乾燥気味に管理します。ただし、夏場の水切れには注意します。

草姿が乱れてきたら、花後に切り戻しをします。

冬の管理

霜の当たらない軒下などに移し、水やりは控えめにします。

ユーフォルビア ブラックパールの花

ふやし方

挿し芽で増やすことができます。枝先を切り取って、切り口から出る白い液をよく洗い流してから鹿沼土などに挿します。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与え、後は、春と秋に置き肥をしますが、多肥にならないようにします。

病気・害虫

特にはないようですが、過湿による根腐れに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。