ハツユキソウ(初雪草) Euphorbia marginata

ハツユキソウの花
写真 ハツユキソウ ‘氷河'
撮影時期 2015.7.10
栽培状況 春播き後、庭植え
科名・属名

トウダイグサ科
ユーフォルビア属

園芸分類

春まき一年草

別名

(特にありません)

原産地

北アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜8月

【ハツユキソウについて】

ハツユキソウは、ユーフォルビア属の春播き一年草です。この属には様々な種類がありますが、性質がよく似た種類としては、ショウジョウソウ(猩々草)があげられます。

その名のとおり、雪が降ったように白くなる葉がとても美しいので、よく栽培されています。

栽培したところでは、タネが大きく育苗は簡単です。花は目立ちませんが、初夏に涼しげな葉色はなかなかいいものです。

【花の特徴と性質】

乳白色の汁液は毒性があり、かぶれることがありますので注意します。

草丈

60〜80pほどになります。

花は小さく目立ちません。一般には、6〜8月に上葉が白の覆輪になる品種が栽培されています。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性はありません。

学名の説明

Euphorbia・・・・・ローマ時代の医師 Euphorbus への献名です。

marginata・・・・・「縁どりした」、「縁のある」

【主な種類と品種】

氷河

葉に白色の覆輪が入る品種です。

黄河

葉が秋に黄色から紅色になります。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

発芽適温は20度程度ですので、4中旬〜5月に播きます。種子が大きく、管理が楽なので直播きができますが、ポットに播いて育苗し、定植してもかまいません。

直播きするときは、25〜30p間隔に3〜4粒ほど播きます。覆土は1pほどにします。

ポットに播く場合は、2〜3粒ずつ播きます。発芽したら徐々に間引きをして1本にして、苗を育てます。発芽した苗が少なかった場合は、二本以上発芽した苗を丁寧に別々のポットに分けてやれば、問題なく育ちます。

ハツユキソウの花

植え付け

ポットに播いて育てた場合は、根がポットに回ったら花壇などに定植します。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

25〜30pほどの間隔にします。60cmの標準のプランターの場合は2〜3株程度植え付けます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けますが、夏場あまり乾燥しすぎないところが最適です。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

植え付け後、摘心をして枝数を増やすようにします。摘心をしないままですと、草丈が高くなって草姿が悪くなり、株が倒伏しやすくなります。

風雨で株が傾くことがありますので、ときどき根際に土寄せしてやります。ひどく傾いたときは、土寄せに併せて支柱をして傾きを直してやります。

ふやし方

翌年も栽培するのであれば、タネを採っておきます。

肥料

花壇に植える場合は、定植するときに化成肥料を1u当たり50gほど施します。直播の場合は、あらかじめ有機質肥料を入れておきます。チッソ肥料を多く与えると徒長気味になりますのでやや控えめにします。

鉢やプランターに植える場合は、元肥として緩効性の化成肥料を施し、追肥として月に2回程度液肥を与えます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥は不要です。

病気・害虫

発芽後に、葉をカタツムリやナメクジに食べられることがありますので専用の薬剤を播いておけば安心です。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。