ヘリクリサム

ヘリクリサムの花
写真 ヘリクリサム 'シルバーキャンドル'
撮影時期 2009.4.19
栽培状況 開花株購入

科名・属名

キク科
ムギワラギク属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

5〜6月

【ヘリクリサムについて】

ヘリクリサムは、花がカサカサしてドライフラワーに適しています。この仲間には、ムギワラギクカンザシヒメペーパーデージーなどがおなじみですが、ここでは宿根性のものを取り上げています。

なお、ヘリクリサムの仲間には観葉植物としてヘリクリサム・ペティオラレも栽培されています。

栽培したところでは、耐暑性が弱いので、夏越しは難しいと言えます。

【ヘリクリサムの概要】

草丈

(主な種類と品種を参照してください。)

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い

耐暑性が苦手です。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:比較的やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:(暖地では)かなり難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Helichrysum spp.

学名の説明

Helichrysum・・・・・heli(太陽)+chrysos(黄金色の)が語源です。

retortum・・・・・「ねじれた」、「曲がった」

【主な種類と品種】

ヘリクリサムの仲間には、ヘリクリサム・カシアナムやペーパーデージーなどがありますが、ここではそれ以外の宿根性のものを取り上げています。

シルバーキャンドル
H. retortum 'Silver Candle'

草丈は15pほどです。つぼみがロウソクの炎に似ているところから、シルバーキャンドルという名前がついています。

花径は3〜4pほどで、白花です。

ホワイトフェアリー
'white fairy'

シルバーがかった葉が魅力の品種です。花は白色です。(写真下)

ルビークラスター
'Ruby Cluster'

草丈は30〜40pほどです。銀葉のコンパクトな株で、美しい花色の変化が楽しめます。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 多湿を嫌いますので、やや乾燥気味に育てます。

植え付け

多湿、特に高温多湿に弱いので、鉢植えでの栽培になります。苗は、春咲に出回っていますので、通常は、これを買って育てます。

鉢が小さいときは、大きめの鉢に植え替えます。

ヘリクリサム‘ホワイトフェアリー’の花

置き場所

日当たりのよいところで管理します。

日常の管理

多湿を嫌いますので、やや乾燥気味に育てます。鉢の表面が乾いたら水やりしますが、乾燥させると葉が萎えるので注意します。

肥料

生育期中には月に1回程度、緩効性肥料を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。