ペーパーデージー Helichrysum subulifolium

ペーパーデージーの花
写真 ペーパーデージー
撮影時期 2006.4.8
栽培状況 秋まき後、庭植え(冬は農ポリでトンネルして霜除け)
科名・属名

キク科
ヘリクリサム属

園芸分類

秋まき一年草

別名

ヘリクリサム・ペーパーデージー

原産地

オーストラリア

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜5月

【ペーパーデージーについて】

ペーパーデージーは、オーストラリア原産のキク科ヘリクリサム属の秋まき一年草です。ムギワラギクの仲間で、ヘリクリサム属特有のかさかさした花の感触から、ペーパーデージーの名前で呼ばれています。

園芸店やホームセンターなど見かけないのであまり馴染みがないですが、切花やドライフラワーとして利用できます。

栽培したところでは、霜除けが必要ですが、そのほかは特段難しいことはなく、タネから育てても鮮やかな黄色の花が楽しめます。

【花の特徴と性質】

草丈

40pほどです。

花径2〜3pほどで鮮黄色の花が咲きます。暖地では、冬に不織布などでトンネルをすると3月上旬には咲き始めますので、長い間楽しむことができます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性があまり強くないので霜よけしたほうが安全です。なお、2007年は暖冬でしたので、霜除けなしで全く問題はありませんでした。

学名の説明

Helichrysum・・・・・ heli(太陽)+chrysos(黄金色の)が語源です。

subulifolium・・・・・「錐のような葉の」、

【主な種類と品種】

‘ゴールデンサン’という品種があります。タネは「タキイ種苗」から出ていました。なお、ヘリクリサムの仲間には、ムギワラギクやシルバーキャンドルなどがあります。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

発芽適温は18〜20度ですので、9月下旬〜10月中旬に播きます。箱まきが一般的で、覆土は5mmほどにします。寒地の場合は春まきになります。

発芽後、本葉が3〜4枚ほどになったらポリポットに植え替えて苗を育てます。

植え付け

ポットの底に根が回ってきたら、花壇やプランターなどに植え付けます。苗の生育が遅れたときは、フレームなどで冬を越し、春になって定植します。

花壇に植える場合は、腐葉土若しくはバーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

ペーパーデージーの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

花壇に植えるときは20〜25pほどにします。60cmのプランターの場合は、3〜4株ほど植え付けます。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、過湿にならないよう注意します。

冬の管理

耐寒性がそれほどないので、秋に定植したときは、霜除けをします。不織布でトンネルする程度で大丈夫かと思われます。

鉢やプランターに植えた場合は、軒下など霜の当たらないところで育てます。

肥料

花壇に植える場合は、 化成肥料を1u当たり30gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、暖かくなったら液肥を2週間に1回程度施します。用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に追肥をします。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。