セダム Sedum

セダムの花
写真 セダム
撮影時期 2007.5.12
栽培状況 庭植え
科名・属名

ベンケイソウ科
マンネングサ属

園芸分類

宿根草

別名

マンネングサなど
原産地

世界各地

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜6月

【セダムについて】

セダムは、ラテン語で「座る」と言う意味で、地面に低く広がる姿から名づけられたものです。最近は、屋上などの緑化植物としても注目されています。

様々なタイプがあり、マンネングサやキリンソウも含まれます。観葉植物としても栽培されていますが、写真のように美しい花が咲く種類もたくさんあります。

ここでは、マンネングサは別に取り上げています。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は、ほぼ10〜20p程度で、マット状広がります。

花を鑑賞するタイプは、黄色の花が多いですが、ピンクの花の咲く品種もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性が強いですが、寒冷地では霜よけが必要かもわかりません。

【主な種類と品種】

花の美しい品種としては、次の品種がサカタのタネなどのカタログに載っています。

カムチャッティカム

ロシアから中国北部原産で、とても丈夫で黄色の花が咲きます。

プルケルム

美しいピンクの花が咲く作品種です。

虹の玉

生育期には緑色、そして、秋になると葉色が赤くなる品種で人気があります。初夏に星形の黄色い花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

ほぼ周年、園芸店で苗が売られていますが、春に植えつけるのがよいと思います。

セダムの花

植え場所・置き場所

多肉植物ですので、乾燥に強く過湿を嫌います。露地植えは、日当たりと水はけのよいところに植えつけます。

株間

品種によって異なります。横にどんどん広がる品種は、30〜40pほどに、その他の品種は10〜15pほどとします。

日常の管理

鉢栽培も過湿にならないよう注意します。

肥料

あまり必要ありません。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。