ロベリア Lobelia erinus

ロベリアの花
写真 'リビエラ'
撮影時期 2009.4.19
栽培状況 秋に苗を購入、庭植え
科名・属名

キキョウ科
ロベリア属

園芸分類

秋まき一年草

別名

ルリチョウチョウ

原産地

南アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ロベリアについて】

ロベリアの花の魅力は、蝶々のようなかわいい花を株一杯に賑やかに咲かせてくれることです。ブルーや青紫の色合いはすばらしいものがあります。しかも、庭えは勿論、鉢やプランターでも存分に花を楽しめることです。

なお、寒さに強いサワギキョウの仲間の宿根ロベリアは別に取り上げています。

栽培したところでは、苗がよく出回りますので、いつも苗を買ってプランターに植えて育てています。花付きがよく丸型のプランターに3株ほど植えると、全体が花に覆われるように咲いてくれます。

タネを播いて育てたところでは、タネが細かいこともあって、初期の生育が非常にゆっくりなので、その点、手間がかかると言えます。

【花の特徴と性質】

ロベリアの花

草丈

草丈は低く10〜15p程度ですので、鉢やプランターで栽培するのに向いています。

花径1.5p程度で、花色は白、淡青、青紫などです。開花期間が長いので、十分楽しめます。

サワギキョウの系統には赤色の品種もありますが、一年草には赤花の品種はないようです。

耐寒性・耐暑性

本来は、宿根草ですが暑さに弱いため、夏を越すことができません。

また、寒さにもやや弱く、露地で越冬できるところは限られますが、軒下で冬を越します。

学名の説明

Lobelia・・・・・イギリス人の植物学者ロベル(M.de Lobel)への献名

erinus・・・・・ギリシャ語の植物の erinos に由来します。
※ erinos は、古代ギリシャのディオスコリデスがバジルに似た植物に使用したものとされています。

【主な種類と品種】

リビエラシリーズ

草丈10〜15pで、よく分枝し多花性です。いろいろな色がそろっています。

アクアシリーズ

青を中心とした早生の系統です。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

発芽適温が20〜25度と高いので、9月中旬〜10月上旬に育苗箱やピートバンなどに播きます。タネがたいへん細かいので厚まきにならないように注意します。覆土はせず、底面から吸水させます。

発芽後、本葉が3〜4枚になったらポリポットに植え替えて苗を育てます。タネが細かいので、ポリポットに植え替えできるまで、かなりの日数がすすります。

植え付け

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど混ぜて耕しておきます。

ポットの底に根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。やや寒さに弱いので、秋に定植しないときは、ポットに植えたまま、軒下など霜の当たらないところで苗を育て、暖地の場合は3月中旬以降、それ以外のところは4月上旬頃に花壇に定植します。

花壇に植える場合は、植えつけ時にバーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

ロベリアの花

鉢植えの用土

鉢やプランターの用土は、市販の草花用培養土で差し支えありません。

苗から育てたい方は、秋から苗が出回りますので、これを植え付けると簡単に楽しめます。

いずれの場合も、定植する際は深植えにします。深植えにすると茎からもよく発根して生育がよくなります。

株間

花壇に植えるときは20〜25pほどにします。60cmのプランターの場合は、3株程度にします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりのよいところに植え付けます。秋に鉢やプランターに植えた場合も日当りのよいところで育てます。

日常の管理

定植すれば、後は特段の管理はありません。

冬の管理

寒さに弱いので、秋に花壇に植える場合は、農ポリでトンネルをするなどして霜除けをします。

鉢やプランターに植えた場合は、軒下など霜の当たらないところで育てます。

ロベリアの花

肥料

花壇に植える場合は、 化成肥料を1u当たり50gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

鉢やプランターに植える場合は、市販の草花用の培養土を使用する場合は、培養土に元肥が入っていますので、追肥として液肥を定期的に施します。

用土を自分で調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に追肥します。

病気・害虫

たまにアブラムシが発生する程度です。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。