ライア・エレガンス Layia elegans

ライア・エレガンスの花
写真 ライア・エレガンス
撮影時期 2004.4.24
栽培状況 秋まき後、庭植え
科名・属名

キク科
ライア属

園芸分類

秋まき一年草

別名

カリフォルニアデージー
ライア

原産地

カリフォルニア州

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【ライア・エレガンスについて】

ライア・エレガンスは、カリフォルニアデージーとも呼ばれます。黄色に白覆輪の美しい花が一斉に咲くので、とても魅力のある草花です。花壇にまとめて植えると、一段と見栄えがします。丈夫で育てやすいのも魅力です。

栽培したところでは、生育がよく育苗は簡単で、2003年秋に播いたところ、翌年の3月18日頃に花が咲き始め、見ごろは4月下旬になりました。

秋まき一年草として、なかなか魅力のある草花で、以前は、「サカタのタネ」からタネが販売されていましたが、最近のカタログで見かけなくなったのが残念です。

【花の特徴と性質】

ライア・エレガンスの花

草丈

カタログには70p程度と書かれていますが、50pほどで花が咲き始めました。

花径は5p程度です。写真のようにすっきりとした黄色に白の覆輪が入り、一斉に開花しますので、なかなか魅力があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、露地で問題なく育ちます。高温多湿を嫌います。

学名の説明

Layia・・・・・イギリスの博物学者 George Tradescant Lay に因みます。

elegans・・・・・「優美な」

【主な種類と品種】

ライア属には15種ほどあるようですが、日本で栽培されているのはエレガンス種だけのようです。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

苗が出回ることはほとんどありませんので、タネを播いて育てることになります。通常、9月中旬〜10月上旬にまきますが、寒地は春まきもできます。

秋まきの場合、冬の来る前に十分に根を張らせ、しっかりした株にしておくことが大切ですので、播く時期が遅くならないようにします。

育苗箱やピートバンに播いて、覆土は2mmほどにします。

発芽後、本葉が3〜4枚になったらポットや小鉢に植え替え、薄い液肥を与えながら育苗します。

植え付け

ポットに根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lと化成肥料を1u当たり50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

ライア・エレガンスの花

株間

株が横に広がりますので、25〜30pほどの広さとします。標準のプランターの場合は3株が目安です。寒地の春まきの場合は、やや狭くします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

花茎が長く伸びるので、倒れそうになったら支柱をしてやります。

冬の管理

耐寒性がありますので、霜除けは特に必要ありませんが、寒地で秋に定植したときは、霜除けをした方が安心です。

肥料

花壇に植える場合は、植えつけ時に化成肥料を与えますが、後は、特に追肥をしなくてもよく咲いてくれました。多肥にすると草丈が伸びて倒伏しやすくなります。

鉢やプランターに植える場合は、植えつけ時に緩効性の肥料を与え、春から液肥を月2回程度与えます。

病気・害虫

特にはありませんでした。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。