リナリア Linaria

リナリアの花
写真 リナリア 'グッピー'
撮影時期 2008.3.22
栽培状況 秋まき後、庭植え(冬は農ポリでトンネルして霜除け)
科名・属名

ゴマノハグサ科
リナリア属
(ウンラン属)

園芸分類

秋まき一年草

別名

姫金魚草

原産地

北アメリカ、ポルトガル、スペイン

用途

庭植え、鉢植え

花期

3月〜4月

【リナリアについて】

リナリアは、別名を姫金魚草といいますが、金魚草と同じゴマノハグサ科の秋まき一年草です。高性種と矮性種があり、プランターや鉢植えには矮性の品種が適しています。

ところで、リナリアは、ビパルティタ(L. bipartita)、マロッカーナ(L. maroccana)、レテイキュラータ(L. reticulata)などが交配された園芸交配種とされています。

小さな花が群がって咲いたところはたいへんきれいで、花色も多彩ですので栽培するのが楽しみな花です。なお、宿根リナリアは別に取り上げています。

栽培したところでは、タネは細かいですが、育苗は簡単で、いかにも春らしい美しい花が咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

リナリアの花

草丈

草丈は、通常に30pほどの矮性種をよく見かけますが、切り花用の高性種になると60〜80pになるものもあります。

金魚草に似た、小さなパステル調の花を花茎に一杯につけて咲く、かわいい感じの花です。

花壇に群植してあると、思わず目を引きつけられます。そのせいか、最近では、春の花壇に欠かせないものになってきている感じがします。

花色は、ピンク、白、イエロー、写真のような紫、濃桃紅などがあり多彩です。

耐寒性・耐暑性

寒さにも比較的強いですが、冬は霜除けをすると安心です。

学名の説明

Linaria・・・・・ linum(アマ)に由来します。

bipartita・・・・・「二つに深く裂けた」

maroccana・・・・・「モロッコの」

【主な種類と品種】

グッピー系

草丈20pほど矮性で、パステル調の色彩が美しい系統です。

フラメンコ

草丈30〜40pほどで、鮮赤色に下弁が黄色でコントラストが強烈な品種です。

ヘロン系

切り花用の高性種です。

【育て方と栽培のポイント】

リナリアの花

タネまき

タネから育てる場合は、発芽適温が15〜18度ですので、9月下旬〜10月上旬に育苗箱やピートバンにまきます。

立枯病が発生することがありますので、清潔な用土を使用します。タネが細かいので、覆土は薄くします。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えて育苗します。

植え付け

タネから育てた株は、ポリポットに根が回るようになったら花壇やプランターに定植します。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れ、化成肥料も混ぜて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

寒さの厳しいところでは、ポットに植えたまま霜の当たらないところで冬を越し、春に定植します。

手間がかけられない方は、園芸店やホームセンターなどで苗が売られていますので、これを買ってきてプランター植え込めば簡単に楽しむことができます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)、パーライトを6:3:1程度に混ぜたものなどを使います。

リナリアの花

株間

通常20p程度の間隔で植え付けますが、密植する方が見栄えがしますので、多少詰めて植え込む方法もあります。プランターに植える場合は、10〜15cmの間隔とします。

植え場所・置き場所

水はけのよいところなら、半日陰地でも育ちますが、日当たりのよい場所がよく育ちます。鉢やプランターも日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

タネから育てると、徒長することがありますが、そういう場合は摘心をしてやると草姿が整います。

過湿にすると立ち枯れ病が発生しやすくなりますので、過湿にならないよう注意します。

冬の管理

寒さには比較的強いですが、冬は、農ポリでトンネルをするか、もしくは不織布を掛けるなどして霜除けをしたほうが安心です。

肥料

花壇に植えるときは、化成肥料を1u当たり30gほど与えます。

リナリアの花

植えつけ時に肥料を与えすぎると徒長して、倒れやすくなるだけでなく、茎葉が茂り開花が遅れますので、窒素分の多い肥料は避けた方が無難です。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、植えつけ後、暖かくなってきたら、液肥を2週間に1回程度施します。用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に追肥をします。

病気・害虫

生育期にアブラムシがつきやすいので、見つけたらマラソン乳剤かスミチオン乳剤で防除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。