キンギョソウ(金魚草) Antirrhinum majus

キンギョソウの花
写真 キンギョソウ 'マダムバタフライ'
撮影時期 2008.5.11
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

ゴマノハグサ科
キンギョソウ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

スナップドラゴン

原産地

地中海沿岸地方

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜5月

【キンギョソウについて】

キンギョソウは、地中海沿岸地方原産のゴマノハグサ科の秋播き一年草です。秋播き一年草の中でも、つくりやすく、花が美しいので、昔から愛されている草花です。また、花期も比較的長く、春の花壇に金魚草を植え込むと、たいへんにぎやかな花壇になります。

また、花色が大変鮮やかで、しかも色も豊富です。それに、矮性種から高性種までいろいろな品種がありますので、好みの品種を選べます。

栽培したところでは、タネは小さいもののよく発芽し、育苗は簡単です。寒さの厳しいときだけ軽く霜除けをしたほうが冬の寒さで傷むことがなく、早く花を見ることができます。

なお、2016年に花壇に植えたところ、立ち枯れ病の被害がかなり出ましたので、一応、土壌消毒はしておいた方がよいかなと思いました。

【花の特徴と性質】

キンギョソウの花

草丈

矮性種は20pほどですが、切り花用の高性種だと1.2mほどになります。

ひとつひとつの花が金魚のように見えるところから、この名前が付けられました。

花色は、白、黄、桃、赤の他に複色花もあります。

耐寒性・耐暑性

寒さには比較的強く、暖地では露地植えができます。ただし、霜除けをした方が安全です。

学名の説明

Antirrhinum・・・・・「鼻に似た」という意味です。
※ 花の美しいキンギョソウの属名としては変な印象ですが、この花を鼻に見立てたものでしょうか? どうもシャレにはなりません。

majus・・・・・「より大きい、より偉大な」

【主な種類と品種】

‘マダムバタフライ'

八重咲きの切り花用高性種です。豪華な花は、花壇でも一段と見栄えがします。(写真:上段と最下段)

ソネットミックス

草丈30〜50cmほどで、ボリュームのある花穂が魅力の品種です。(写真:下から2枚目)

パレードミックス

切り花用の高性種です。

フローラルシャワーミックス

草丈が20cmほどの矮性種です。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

発芽適温が15〜20度ですので9月下旬〜10月中旬が適期です。タネが細かいので、ピートバンなどに播きます。好光性種子ですので覆土はしません。

発芽後、本葉が3〜4枚になったらポリポットに植え替えて苗を育てます。

植え付け

酸性土を嫌いますので、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど混ぜて中和しておきます。

キンギョソウの花

ポットの底に根が回ってきたら花壇やプランターなどに定植します。

寒さが厳しいところは、ポットのままで霜に当てないようにして冬を越し、3月中〜下旬に定植します。

花壇に植えるときは、植えつけ時に、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは、赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜた用土などでも特に問題はありません。

株間

20〜30pの間隔にします。標準のプランターでは、3〜5株を目安にします。

植え場所・置き場所

日照不足ではよい花が咲きませんので、日当たりのよい場所に植えつけます。

鉢やプランターなども日当たりのよいところへ置いて育てます。

日常の管理

切り花用の高性種は別ですが、摘芯をすると枝数が増えてにぎやかに咲いてくれます。

高性種は、風雨で花茎が倒れることがありますので、そのようなときには早めに支柱を立てて姿勢を直すようにします。

花が終わった花茎は切り戻しをすると、新しい花径が伸びてまた花が咲きます。長く花を楽しむには、花ガラをこまめにつみ取ります。

冬の管理

暖地以外のところでは、秋に定植した場合は、霜除けをします。暖地の場合も、霜除けをしたほうが安全ですし、そうすることによって、春先には充実した株になります。

キンギョソウの花

肥料

花壇に植える場合は、元肥として化成肥料を1u当たり50gほど施しておきます。

花の咲く時期が長いので、春になったら月に1回程度置き肥をします。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、植えつけ後、成育期間中は、液肥を2週間に1回程度施します。

用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に追肥をします。

病気・害虫

アブラムシがつきやすいので、見つけたら早めに駆除します。また、ヤトウムシに注意します。

それから、立ち枯れ病が発生することがありますので、できれば土壌消毒剤を撒いてから植えつけた方が安心です。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。