リューココリネ Leucocoryne ixioides

リューココリネの花
写真 'デイオン'
撮影時期 2007.3.25
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ユリ科
リューココリネ属

園芸分類

秋植え球根

別名

リューココリーネ

原産地

南米チリ

用途

鉢植え

花期

3〜5月

【リューココリネについて】

リューココリネは、南米チリ原産のユリ科の秋植え球根です。主として栽培されているのはイキシオイデス(L. ixioides)とプルプレア(L. purpurea)です。

ブルー系を中心に多彩な色合いを持っていますので、なかなか魅力的な球根です。あまり栽培されることが少なかったですが、最近、カタログで見かけることが多くなったように思います。

花が開く頃になると長く伸びた花茎が花を支えきれませんので、支柱をする必要があります。もっとも、美しい花を楽しむためには、たいした作業ではありません。

栽培したところでは、栽培は比較的容易で、期待どおりの花が咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

リューココリネの花

草丈

30〜40pほどです。

30pほどの花茎を伸ばし、その先に3輪ほどの花が咲きます。

花径は4p程度で、花色は白、ピンク、赤紫、ブルーなどで、覆輪や複色花が多くとても多彩です。

耐寒性・耐暑性

半耐寒性ですので、霜の降りない地域を除いて庭植えは困難です。

学名の説明

Leucocoryne・・・・・ギリシャ語の leukos(白)とkoryne(こん棒、クラブ)が語源です。

ixioides・・・・・「イキシアのような」

purpurea・・・・・「紫の」

【主な種類と品種】

アンデス

やや丸弁の花で、中心は濃いえんじ色です。(写真:上から2枚目)

ディオン

淡いブルーの花で、中心が白い花が咲きます。

ストリペットブルー

白地に紫色のストライプが入ります。(写真:下から2枚目)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

過湿を嫌うことと寒さにも強くないので、鉢植えで育てるのが一般的です。比較的小型の球根植物ですので、栽培するうえでも鉢植えが適しています。

植え付けは、10月上旬〜11月上旬が適期です。

リューココリネの花

鉢植えの用土

市販の球根用培養土、若しくは赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥(腐葉土)を4:3:3程度に混ぜ合わせた用土などを使います。

植え付けの深さ

球根の上に用土が2〜3pほど被る程度の深さに植えつけます。

置き場所

日当たりのよい軒下、若しくは、冬以外は戸外の日当たりのよいところで育てます。ただし、雨が続きそうなときは、雨の当たらないところに移した方が安全です。

株間

5号鉢に5球、7号鉢に10球が目安です。

植え替え

植え替えは、毎年、若しくは2年に1回を目安にします。

日常の管理

土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。過湿にならないよう注意します。

花茎が伸びると花の重さで倒れやすくなりますので、支柱をしてやります。

タネを取る場合以外は、花ガラを早めに切り取ります。

冬の管理

寒くなってきたら、暖地では軒下や玄関先に鉢を移します。鉢植えを軒下に置いてありましたが、特に傷むことはなく大丈夫でした。

暖地以外は、冬は、室内で管理した方が無難です。

休眠期の管理

リューココリネの花

花後、しばらくすると葉が枯れてきて休眠期に入りますので、鉢を雨の当たらないところに移します。

葉が枯れても掘り上げずに鉢のまま乾燥させ、休眠期間中は水やりはしません。

ふやし方

植え替え時に、分球して増やすことができます。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与え、花茎が伸びてきたら10日〜2週間に1回程度の頻度で液肥を与えます。

花が終わっても葉が元気なうちは液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。