ヘリオフィラ Heliophila longifolia

ヘリオフィラの花
写真 ヘリオフィラ
撮影時期 2008.3.8
栽培状況 秋まき後、庭植え(冬は農ポリでトンネル栽培)
科名・属名

アブラナ科
ヘリオフィラ属

園芸分類

秋(春)まき一年草

別名

(特にありません)

原産地

南アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ヘリオフィラについて】

ヘリオフィラは、南アフリカ原産のアブラナ科の秋まき一年草です。春にはブルー系の美しい花が咲きます。

やや寒さに弱いですが生育がよいので、農ポリで霜除けすると2月初めから開花し始めます。写真のように花は小さいですが長い期間咲いてくれます。

栽培したところでは、霜除けをする必要があるものの、早くから咲き始め、ブルーの花が大変にぎやかに咲いてくれるので、なかなか魅力的な草花です。

【花の特徴と性質】

ヘリオフィラの花

草丈

30〜40pほどになります。

花径1pほどの小さな花で、ブルーが一般的ですが、白やピンクもあるようです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強くありませんし、高温多湿も苦手です。

学名の説明

Heliophila・・・・・「太陽を好む」

longifolia・・・・・「長い葉の」

【主な種類と品種】

タキイ種苗がタネを販売していました。最近は見かけなくなりました。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

暖地の場合は、9月下旬〜10月上旬に箱まきにします。寒地の場合は、3月にまきます。覆土は種が隠れる程度にします。

発芽後、本葉が3〜4枚になったら、ポットや小鉢に植え替えて苗を育てます。

植え付け

ポットの底に根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lgほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

ヘリオフィラの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

花壇に植えるときは20pほどにします。

60cmのプランターの場合は、3〜4株ほど植え付けます。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけの良いところに植え付けます。

鉢やプランターも日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

写真のように葉が線状になっており、繊細な感じのする一方、やや倒れやすいので、開花時には支柱が必要になります。

冬の管理

耐寒性はあまり強くないので、秋まきの場合は霜よけが必要です。農ポリでトンネルをしましたが、特に問題なく冬を越しました。

鉢やプランターは、霜の当たらない軒下などに置き、水やりは少なめにします。

肥料

肥料は控えめにします。花壇に植える場合は、 化成肥料を1u当たり20〜30gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。追肥はほとんど必要ありません。

鉢やプランターに植える場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、追肥として液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。