ベロニカ Veronica spp.

ベロニカの花
写真 ベロニカ 'パープルアイシウス'
撮影時期 2008.7.5
栽培状況 庭植え
科名・属名

ゴマノハグサ科
クワガタソウ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

西洋ルリトラノオ

原産地

ヒマラヤ、中国、日本、シベリア

用途

庭植え、鉢植え

花期

5月〜7月

【ベロニカについて】

ベロニカはゴマノハグサ科の宿根草で長い花茎にびっしりと穂状に花をつけます。一般には、上によく伸びる種類のものを見かけますが、より小型で横に伸びるタイプのものもあります。これらは、クリーピングベロニカと呼ばれるほふく性のベロニカです。

丈夫な宿根草ですが、やや耐暑性が弱く、どちらかと言えば、暖地よりも寒地に向いている宿根草です、暖地で栽培する場合は、夏場は半日陰、若しくは午後は日陰になるようなところが適しています。

栽培したところでは、午後、日陰になるところに置いた株は、夏を乗り切ることができます。ただし、大株になると夏越しが厳しくなってきます。

【花の特徴と性質】

ベロニカの花

草丈

矮性種から1m程度になる高性種までバライティに富んでおり、矮性の品種を選べばプランターや鉢で栽培可能です。

花は、写真のように10p〜20pほどの花茎の先に穂状に咲かせます。

色は、青紫、白、ピンクなどです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、どちらかというと夏の直射日光と高温多湿を嫌います。

ただし、午後、日陰になるようなところや、半日陰で栽培すれば暖地の暑さにもなんとか耐えてくれます。

学名の説明

Veronica・・・・・キリスト教の聖者 St. Veronica に因みます。

longifolia・・・・・「長い葉の」

spicata・・・・・「穂状の」、「穂状花序のある」

【主な種類と品種】

ベロニカにはロンギフォリア種(V. longifolia)とスピカタ種(V. spicata)がありますが、花だけ見たのではなかなか見分けが付きません。

パープルアイシウス

赤紫の色合いの花で、長い花茎が伸びる美しい品種です。それに丈夫な品種です。

ブルーリーゼン

ブルーの花穂がすらりと伸びる品種です。草丈は60〜80pほどです。

レッドフォックス

スピカタ種で、赤色の花で、花穂が20pほどになる品種です。

ウルスター ブルードワーフ

スピカタ種で、とてもコンパクトな品種です。夏の暑さにも強く、育てやすいことが特徴です。(写真:下から2枚目)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

庭植えはもちろん、鉢やプランターで育てるのにも向いています。植えつけは、春は3月中旬〜4月上旬、秋は10月〜11月上旬ごろが適期です。

花壇に植える場合は、苦土石灰を少し撒いてから20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥と化成肥料を入れます。庭土とよく混ぜ合わせてから植えつけます。

ベロニカの花

鉢植えの用土

鉢やプランターの用土は、市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりや水はけがよい場所が適していますが、夏の直射日光と高温多湿を嫌うので、暖地では、午後に日陰になるところや半日陰での栽培をおすすめします。

鉢やプランターも、秋から春は日当たりのよいところで育てますが、夏場は半日陰に置くようにします。

植え替え

鉢やプランターの植え替えは、できれば毎年、春又は秋に株分けを兼ねて行います。関東以西の暖地の場合は、植え替えをしないと、どうしても水はけが悪くなりますので、夏の高温多湿で枯れやすくなってしまいます。

庭植えの場合、3〜4年ほどたつと株が混みあってきますので、株分けして植え替えます。

株間

株間は、品種によって変わりますが、中性種で、20〜30p程度にします。

日常の管理

過湿を嫌いますので、鉢やプランターに植えた場合は、鉢土の表面が乾いてから水やりをします。

花が終わったら、切り戻しをして、風通しをよくしておきます。

ベロニカの花

冬の管理

耐寒性が強く、戸外で冬を越します。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

肥料

鉢やプランターは、植え付け時に緩効性肥料を与えます。後は、1ヶ月に2〜3回程度液肥を与えます。

病気・害虫

病気は特にありませんが、水はけが悪いと立ち枯れ病が発生しやすくなります。アブラムシが発生したらオルトランなどで駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。