ブルーキャッツアイ Otacanthus caeruleus

ブルーキャッツアイの花
写真 ブルーキャッツアイ
撮影時期 2016.10.29
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ゴマノハグサ科
オタカンサス属

園芸分類

非耐寒性宿根草

別名

オタカンサス

原産地

ブラジル

用途

鉢植え

花期

10〜11月

【ブルーキャッツアイについて】

ブルーキャッツアイは、ブラジル原産のゴマノハグサ科の宿根草で、猫の目のような青紫の花が咲くところからその名前がついています。秋になると園芸店などで見かける花で、属名のオタカンサスという名前で流通している場合もあります。

ところで、オタカンサスという学名は、ギリシャ語の otos(耳)+ akantha(とげ)が語源ですが、ブルーキャッツアイには刺がありませんので、安心して扱えます。

耐寒性が弱いですが、その点を除けば、丈夫で育てやすい宿根草です。

栽培したところでは、軒下では厳しいですが、小さな簡易ハウスに入れて冬を越しています。花の少ない秋に咲いてくれますので、その点貴重です。

【花の特徴と性質】

ブルーキャッツアイの花

草丈

50pほどになります。摘芯をして育てると、もっと低く抑えることができます。

花弁は上下に広がり、花径2〜3pほどの青紫の花で中心部が白色です。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性がないので、冬は室内もしくはフレームなどで育てる必要があります。

学名の説明

Otacanthus・・・・・ギリシャ語の otos(耳)+ akantha(とげ)が語源です。

caeruleus・・・・・「青色の」

【主な種類と品種】

品種名のついたものは特にないようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

秋に花の咲いた株が出回りますので、これを買って育てるのが一般的です。耐寒性がないので、通常は、鉢での栽培になります。

購入した鉢が小さいときは、根鉢を崩さないようにして、一回り大きい鉢に植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

ブルーキャッツアイの花

日当たりのよいところに置いて育てます。ただし、夏場は半日陰の涼しいところに置きます。

植え替え

鉢が小さいときは毎年、大きい鉢に植えているときは2年に1回を目安に、4〜5月ごろに植え替えをします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、新しい用土で植え替えます。

同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

多湿に弱いので、過湿にならないようやりにします。ただし、夏場は水切れさせないように注意します。

それほど分枝をしませんので、摘芯をして枝数を増やします。また、草丈が高くなりますので、花が終わったら切り戻しておきます。

冬の管理

耐寒性がないので、冬は室内に取り込みます。

ふやし方

6月頃に挿し芽ができます。枝先を5〜6pほど切り取って、バーミキュライトなどに挿すとよく発根します。

肥料

植えつけ、植え替え時に緩効性の化成肥料を与えます。後は、成育期間中に、液肥を月2回ほど与えます。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。