ヒメシャガ

ヒメシャガの花
写真 ヒメシャガ
撮影時期 2020.5.11
栽培状況 プランターで栽培

科名・属名

アヤメ科
アヤメ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

日本

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ヒメシャガについて】

ヒメシャガは、本州、四国、九州に分布しているアヤメ科アヤメ属の宿根草です。シャガは常緑ですが、ヒメシャガは冬には地上部が枯れこみます。小型で葉が細く、やさしい感じがしましす。、

繁殖力はシャガほどではなく、場所もそれほど必要としませんし、鉢やプランターで育てるのにも向いています。また、耐陰性が強いので、こうした場所に適しています。

【栽培メモ】

鉢植えにしていますが、強い日差しを嫌うものの、耐暑性はそれほど弱くないので、あまり弱ることなく夏を越しています。

【ヒメシャガの概要】

ヒメシャガの花

草丈

20〜30pほどです。

花径3〜4pで外弁が淡紫の品種が一般的ですが、白花や八重咲きのものもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 比較的強い

耐寒性、耐暑性があり丈夫ですが、やや夏の強光と暑さが苦手です。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Iris gracilipes

学名の説明

Iris・・・・・ギリシャ語の iris(虹)が語源です。

gracilipes・・・・・ gracilis(か細い、ほっそりした)+pes(茎)が語源で、「ほっそりした茎」という意味です。

【主な種類と品種】

外弁が濃い品種や八重咲きのほか、白花もあります。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 鉢植えは、乾燥させすぎないようにします。

植え付け

庭植えもできますし、草丈が低いので鉢やプランターで育てるのにも向いています。植え付けの時期は、新芽が動き出す前の2月下旬〜3月上旬が適期です。

花壇に植えるときは、深さ20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の腐葉土若しくはバーク堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ヒメシャガの花

鉢植えの用土

市販の山野草の培養土、もしくは鹿沼土、赤玉土、軽石を等量に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

強い日差しを嫌いますので、庭に植える場合は、半日陰になるところに植え付けます。

鉢植えも、半日陰に置きますが、暑くなってきたら明るい日陰に置きます。

植え替え

鉢植えの場合は、2年に1回程度、株が混みあってきたら株分けを兼ねて植え替えます。時期は、2月下旬〜3月上旬が適期です。

日常の管理

庭植えの場合は、ほとんど手間はかかりません。夏場、日照りが続いて乾燥したときには水やりをします。

乾燥を嫌いますので、鉢植えは、乾燥させすぎないようにします。特に、夏場は注意します。

冬の管理

冬になると地上部は枯れますが、耐寒性が強く戸外で冬を越します。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

ふやし方

植え替え時に株分けで増やすことができます。

肥料

庭植えの場合は、ほとんど必要ありません。

鉢植えの場合は、緩効性の化成肥料を植えつけ、植え替え時に用土に混ぜておきます。後は、4〜9月ごろにかけて夏場を除き薄めの液肥を月に2回程度与えるか、月に1回程度置肥をします。

病気・害虫

ハダニが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。