ヒメノカリス

ヒメノカリスの花
写真 ヒメノカリス・フェスタリス
撮影時期 2008.6.14
栽培状況 鉢植え

科名・属名

ヒガンバナ科
ヒメノカリス属

園芸分類

春植え球根

別名

イスメネ

原産地

中南米の熱帯地方

用途

鉢植え、庭植え

花期

5〜6月

【ヒメノカリスについて】

ヒメノカリスは、中南米の熱帯地方が原産のヒガンバナ科ヒメノカリス属の春植え球根です。大型の部類に入る球根で、高温を好みます。花の形がユニークな種類もあり、初夏に少し変わった花を楽しむことができます。

この属の中でよく栽培されるのが種間交配種の‘サルファークイーン’やフェスタリスで、種苗会社のカタログにはよく載っています。なお、イスメネと呼ばれることがありますが、これは、この属の旧名からきています。

耐寒性がそれほど強くないこともあり、栽培される機会はあまり多くありません。

【栽培メモ】

種苗会社などから球根を入手したときは、球根も大きいので花を咲かせるのは、それほど難しくありません。しかし、鉢やプランターをフレームやビニール温室などに入れて、春と秋の生育期間を長くとるようにしないといと、翌年は、花が咲きにくいと言えます。

【ヒメノカリスの概要】

ヒメノカリスの花

草丈

草丈は50〜60pほどです。

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い

耐暑性は強いですが、耐寒性はそれほど強くなく、霜に当たったら枯れてしまいます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:比較的やさしい

※ 翌年も花を咲かせるのは:やや難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Hymenocallis spp.

学名の説明

Hymenocallis・・・・・ギリシャ語の hymen(膜)+ calos(美しい)が語源です。

speciosa・・・・・「美しい」、「きれいな」

festalis・・・・・「楽しい」、「愉快な」

【主な種類と品種】

‘サルファークイーン’
'Salphur Queen'

白花の H. narcissifloraと黄花の H. amancaesの種間交配によって生まれた品種です。淡黄色でスイセンのような大きな副冠をもっています。(写真中)

フェスタリス
H. x festalis 'Zwanenburg'

ヒメノカリスの種間交配種です。草丈は60cmほどで白花が咲きます。

スペキオサ
H. speciosa

東カリブ海のウィンドワード諸島原産で、草丈50〜60pほどの白花です。ひとつの花茎から4つほど花が咲きます。(写真:下)

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 球根の肥大を図らないと、翌年以降、花が咲きにくくなります。

植え付け

植えつけの適期は4月で、寒冷地の場合は5月になります。温暖地では霜除けをすれば庭植えも可能ですが、一般的には、鉢やプランターでの栽培になります。

花壇に植える場合は、腐葉土(又はバーク堆肥)を入れ、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の園芸用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え付けの深さ

鉢やプランターの場合は、球根の頂部が少し見えるほどの深さにします。花壇に植える場合は、球根の上に5cmほど土が被る程度にします。

株間

鉢植えの場合は、7号鉢に1球又は少し詰めて植える場合は8〜10号鉢に3球を目安にします。花壇に植える場合は、20〜30pほどにします。

ヒメノカリスの花

植え替え

花壇に植えた場合は3年に1回、鉢やプランターは毎年植え替えますが、大きめのプランターでは2年に1回でも差し支えありません。

できれば、早めに植え替えをして、春先はフレームやビニール温室などに入れて育てると、花が咲きやすくなります。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

鉢やプランターで育てる場合は、過湿にならないように鉢土の表面がよく乾いてから水やりをします。

花が咲き終わったら、早めに花茎を切り取ります。

冬の管理

関東以西の温暖地で花壇に植えた場合、球根を掘り開けないときは無霜地域以外は農ポリでトンネルをするなどして霜除けをしておきます。

鉢やプランターに植えた場合は、水やりを止め、霜の当たらない暖かいところに置けば冬を越します。

ヒメノカリスは、充実した大きな球根でないと花が咲かないことが多くなります。鉢やプランターに植えている場合は、できれば、冬が近づいてきたらフレームやビニールハウスに入れて育てます。

休眠期の管理

葉が枯れて来たら休眠期に入ります。球根を掘り上げた場合は、段ボールの箱の中にバーミキュライトを入れその中に球根を入れて、春の植え付け時まで暖かいところで保管しておきます。

鉢植えの場合は、植えっぱなしにして、春まで霜の当たらない場所に置いておいてもかまいません。

ふやし方

分球して増やすことができますが、開花するまでには時間がかかります。

肥料

庭に植える場合は、植え付け時に緩効性の化成肥料を元肥として与え、後は、芽が出てきたら1月〜2か月に1回、緩効性の固形肥料を株元に施します。

鉢やプランターで育てる場合は、植え付け後から1〜2か月に1回程度、緩効性の固形肥料を置肥します。併せて、月に1〜2回程度液肥を与えます。

病気・害虫

ハマオモトヨトウの食害に注意します。放っておくと被害が大きくなりますので、見つけ次第、オルトランなどで早めに駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。