ヒマワリ Helianthus annuus

ヒマワリの花
写真 ヒマワリ ' レモンオーラ '
撮影時期 2014.7.5
栽培状況 花壇に直まき
科名・属名

キク科
ヒマワリ属
(ヘリアンサス属)

園芸分類

春まき一年草

別名

サンフラワー

原産地

アメリカ中西部

用途

庭植え

花期

6〜7月、10〜11月

【ヒマワリについて】

ヒマワリは、高性種から矮性種までいろいろな大きさの品種があり、また、無分枝系と分枝系に分かれていて、いろいろな楽しみ方ができます。花も、一重咲きから八重咲きまであり、花色も定番の黄色のほか、白花や赤色もあります。

ヒマワリと言えば、夏の花の代表のように思います。ただし、タネを播く時期にもよりますが、早くタネを播くと案外早くから咲き始め、夏の盛りには花が終わってしまうことになります。

また、最近は、私の住んでいる野市町周辺では、秋に畑一面にヒマワリが咲いているのをよく見かけるようになりました。

株が大きいので、狭い庭では持て余してしまいますが、矮性の品種も出てきました。

栽培したところでは、ポットに播いて育てても問題はありませんが、直播したほうが手間がかからないので最近はそうしています。

個人的には、分枝系で草丈もそれほど高くならない品種が倒伏の心配が少なく、また、花もたくさん咲きますので気に入っています。

【花の特徴と性質】

ヒマワリの花

草丈

1.5〜2mが一般的と思いますが、高性種は3mにもなると言われています。

1mほどの品種もあり、30〜40pほどの矮性種も出回るようになりました。

【主な種類と品種】を参照してください。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は言うまでもなく、また、たいへん丈夫で全国で栽培できます。

学名の説明

Helianthus・・・・・ギリシャ語の helios(太陽)+ anthos(花)が語源です。

annuus・・・・・「一年生の」

【主な種類と品種】

たくさんの品種が出ていますが、ほんの一部を紹介します。

サマーサンリッチ

淡黄色で、花粉がでない無分枝タイプです。播種から45日で開花する極早生品種です。

ビッグスマイル

花径15〜17pで草丈30〜40pの極矮性種です。

ピーチパッション

タネまき後70日で開花する早咲きで、アプリコットオレンジの美しい花が咲きます。分枝系で草丈は120cmほどです。(下から2枚目)

モネのヒマワリ

分枝系で草丈150p、レモンイエローの八重咲きです。

スターバーストパナッシュ

草丈150cmほどの分枝系の品種です。(最下段)

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

移植を好みませんので、箱まきは避けるようにします。タネが大きいので4月中旬〜5月上旬に直まきをした方が手間がかかりません。

直まきの場合は、前もってバーク堆肥(腐葉土)を1u当たり5〜6Lほど入れて庭土とよく混ぜておきます。

一箇所に2〜3粒ほど撒き、その後は、水やりを十分にして庭土が乾燥しないように注意します。本葉が3〜4枚になるころに、最も生育のよい苗を残して、他の苗は間引きします。

ポットに播く場合も、2粒ずつまきます。いずれも、覆土は1cmほどします。

暖地の場合、遅くまくと病害虫の発生が多くなりますし、台風で倒伏する恐れもありますので、遅くならないよう適期に播いた方がよい花が見られます。

ヒマワリの花

植え付け

ポットに播いた場合は、発芽後1本に間引きし、本葉が5〜6枚のころまでに定植します。

ヒマワリは成長が早いので、定植時期が遅れないようにします。

植えつける際、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり5〜6Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

株間

大輪高性種は40〜50pほどに、また中性種は30pほどの間隔とします。

植え場所

腐植質に富んだところが適しますが、あまり乾燥しないところで日当がよければ十分に育ちます。

日常の管理

分枝性タイプの品種は、摘芯をすると草丈を低く抑えられます。また、花茎が比較的揃って伸びるので、花の咲きはじめからたくさん咲いて、にぎやかになります。

摘芯をしない場合、最初に咲く花が終わったら早めに切り取っておきます。

茶色に枯れてきた葉は、早めに取り除きいておきます。

高性種は、背丈が高くなると強風が吹いたりして倒れやすくなりますので、必要なら支柱をしてやります。

ヒマワリの花

肥料

肥料分が多すぎると、徒長して倒れやすくなるため、元肥は控えめにします。

生育状況を見て、必要なら化成肥料を株元に施します。

病気・害虫

ネキリムシの被害を受けることがあります。また、ヨトウムシに葉を食べられることがあります。

その他、長雨のときにベト病が発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。