バージニアストック

バージニアストックの花
写真 バージニアストック
撮影時期 2016.3.31
撮影場所 苗購入後、庭植え

科名

アブラナ科

属名

マルコルミア属

学名

Malcolmia maritima

園芸分類

秋播き一年草

別名

マルコルミア、ヒメアラセイトウ

原産地

地中海地方

主な用途

鉢植え、庭植え

花期

3〜4月

【バージニアストックについて】

バージニアストックは、地中海沿岸地域のギリシャやアルバニアが原産のアブラナ科マルコルミア属の秋播き一年草です。ストックという名前が付いていますが、ストックはアラセイトウ属(マッティオラ属)ですので、別属になります。おそらく一重咲きのストックに似ているので、この名前が付いたと思われます。

花色が、白から桃色や青色に変色していくので、2色の花が混じっているように見えます。

栽培したところでは、タネから育てたことはないですが、春に苗を植えると、とても賑やかに咲いてくれます。

【この花の概要】

バージニアストックの花

草丈

草丈は低く、10〜15pほどです。

花径2cmほどの小さな花ですが、芳香があります。花色は、桃色や青色などがあります。

耐寒性・耐暑性

(強い、比較的強い、やや弱い、弱いの4区分。判断基準は、こちら

耐寒性 比較的強い
耐暑性 弱い

比較的耐寒性はありますが耐暑性はなく、暖地では夏に枯れてしまいます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら

栽培難易度

※ 苗から育てる場合:やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名の説明

Malcolmia・・・・・イギリスの園芸家 William Malcolm にちなみます。

maritima・・・・・「海辺の」、「海岸の」
※ 地中海の海岸近くに自生することに由来しています。

【主な種類と品種】

花色がミックスされた種が売られています。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

※ 鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置いて育てます。

タネまき

タネは種苗会社のカタログにも載っていないようなので、通常は、開花株のタネを採っておいて播きます。時期は9月下旬〜10月中旬ごろで、ポットに直接まき、覆土は2mm程度にします。

発芽後、徐々に間引いて丈夫な苗を1本残します。

植え付け

ポットに根が回ったら、花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lと化成肥料を30gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

春に、園芸店やホームセンターなどにポット苗が出ていますので、これを買って植え付ければ簡単です。

バージニアストックの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

15pほどにします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

摘芯をすると枝数が増えて花がにぎやかに咲きます。

鉢植えの場合は、表土が乾いてからたっぷりと水を与えます。

冬の管理

比較的耐寒性はありますが、それほど強くはないので、霜が降りそうな寒い日は、霜除けをします。鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

ふやし方

続けて栽培するときは、タネを採っておきます。

肥料

花壇に植えた場合は、植えつけ時に肥料をやれば、後は、ほとんど必要としません。

鉢やプランターに植える場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、1月ほどたったら2週に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップへ
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。