ハナカイドウ(花海棠)

ハナカイドウの花
写真 ハナカイドウ
撮影時期 2000.4.14
撮影場所 高知城にて

科名

バラ科

属名

リンゴ属

学名

Malus halliana

園芸分類

落葉中木

別名

カイドウ、スイシカイドウ

原産地

中国

主な用途

庭植え

花期

4月

【ハナカイドウについて】

ハナカイドウは、中国原産のバラ科リンゴ属の落葉中木で、単にカイドウと呼ばれることもあります。枝一杯に淡紅色の花をつける大変華やかな印象を与える木で、満開のときには紅色の蕾と淡い紅色の花が枝一杯になって、実に春らしい雰囲気にさせてくれます。場所があれば1本植えたくなる花木です。

本来は一重ですが一般には八重咲きが栽培されています。和風庭園によく植えられていますが、華やかな花木ですので洋風の庭に植えても違和感はありません。

スイシカイドウとも呼ばれますが、このスイシいうのは「垂糸」と書き、長い柄を垂らして花が咲くところから来ています。近縁種のミカイドウは、ハナカイドウとは別種で、ウケザキカイドウとも呼ばれ、花が上向きに咲きます。

【栽培メモ】

丈夫な木のはずですが、以前植えていたときは、大きくなる前に根元にカミキリムシが入って枯れてしまいました。成虫を見かけたときに早めに手を打てばよかったですが、時期を失してしまいました。

その後で植えた木も、はじめは順調でしたが、結局は、あまりよく育ちませんでした。植えた場所が悪かったのかもしれません。

【ハナカイドウの概要】

ハナカイドウの花

樹高

落葉中木で、高さは4mほどになります。

花梗が細長く垂れるところに特徴があります。蕾が紅色で、開くとともに弁の色が淡紅色になります。

花付きが、すばらしく満開時には、木が花で覆われます。

耐寒性・耐暑性

(強い、比較的強い、やや弱い、弱いの4区分。判断基準は、こちら

耐寒性 強い
耐暑性 強い

耐寒性は強く、北海道南部あたりまで植栽が可能です。一般には暖地よりも寒地によく育つ花木と言われています。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら

栽培難易度

比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名の説明

Malus・・・・・ギリシャ語の melon(リンゴ)が語源です。

halliana・・・・・アメリカの植物学者 Harvey Monroe Hall に因みます。

【主な種類と品種】

ハナカイドウの種類と近縁種です。

ヤエカイドウ
M. halliana var. parkmanii

八重咲きの大変華やかな花が咲きます。

シダレカイドウ
M. halliana var. pendura

小枝が垂れる珍しい品種です。

ミカイドウ
M. micromalus

高さ7mになる高木で花は一重です。ウケザキカイドウとも呼ばれます。ハナカイドウと異なり花が上向きに咲きます。命名者は、牧野富太郎博士です。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 剪定は、徒長枝を付け根から10芽ほど残すようにします。

植え付け

植え付けは、関東以西の暖地では12月若しくは2月、寒い地域は3月ごろが適期です。

大きめの植え穴に腐葉土や完熟堆肥を入れ、庭土とよく混ぜて植えつけます。その際、接木した部位が埋まるくらいにします。

ハナカイドウの花

植え場所

日当たり、水はけのよいところを選びます。日陰に植えると、期待した花は望めません。

剪定

剪定は1〜2月頃行います。

ハナカイドウは、枝が長く伸びますがこの枝には花が咲かず、その年に伸びた短くて太い枝に花芽が付き、翌春に開花します。

そこで、この徒長枝を切り詰めますが、枝を付け根から切らず数芽から10芽ほど残すようにします。

こうすると、残した部分から花芽の付く短枝ができていきます。

また、古くなった枝を切りつめて、基部の短枝を増やしていくようにします。

肥料

2月に寒肥として油カスと骨粉を混ぜたものを施します。

病気・害虫

アブラムシ、カイガラムシがつくことがあります。それから恐ろしいのはテッポウムシ(カミキリムシ)で、食害を受けると木が著しく弱り、ひどいときは木が枯れてしまいます。定期的に薬剤を散布してカミキリムシの産卵を防ぎます。

ページのトップに戻ります。このページのトップへ
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。