ハマボッス

ハマボッスの花
写真 ハマボッス
撮影時期 2014.5.4
撮影場所 室戸市の海岸近く

科名・属名

サクラソウ科
オカトラノオ属

園芸分類

二年草

別名

(特にありません)

原産地

日本の海岸地域

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ハマボッスについて】

ハマボッス(浜払子)は、日本の海岸に生えるサクラソウ科オカトラノオ属の二年草です。一般的には野草として扱われていますが、花は、なかなか美しいものです。葉は厚みがあって、赤みを帯びた茎も特徴のひとつです。名前の由来は、花の咲く様子が払子に似ているからとされています。

掲載している写真は、室戸市の海岸近くで撮ったものですが、あちこちにたくさん生えていました。

【栽培メモ】

タネを採って播こうと思いつつそのままになっていて、苗を購入するようにしています。購入したら、とりあえず鉢植えで育てることにしていますので詳細は追記していきます。

【ハマボッスの概要】

ハマボッスの花

草丈

20〜40pほどになります。

1pほどの小さな花ですが、にぎやかに咲きます。総状花序という咲き方です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性
耐暑性

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Lysimachia mauritiana

学名の説明

Lysimachia・・・・・マケドニア王の Lysimachos に由来します。

mauritiana・・・・・「海辺の」、「海岸の」

【主な種類と品種】

オカトラノオ属のリシマキアの仲間はそちらをご覧ください。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

タネ播き

タネは販売されていないようなので、開花した株から秋にタネを採って播きします。

植え付け

タネから育てたときは、ポットに根が回ったら定植します。苗は、山野草を販売している園芸サイトに載っていることがあります。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。赤玉土、鹿沼土、軽石を4:4:2程度に混ぜた用土などが一例です。

ハマボッスの花

植え場所・置き場所

庭に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も、日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

過湿にならないようにします。

ふやし方

タネを採って播くのが一般的です。

肥料

庭植えの場合は、特に必要なさそうです。

鉢やプランターで育てる場合は、3〜5月に緩効性の固形肥料を置肥します。

病気・害虫

特にはなさそうです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。