ニワナナカマド

ニワナナカマドの花
写真 ニワナナカマド
撮影時期 2018.5.19
栽培状況 庭植え

科名・属名

バラ科
ホザキナナカマド属

園芸分類

落葉中木

別名

チンシバイ

原産地

中国

用途

庭植え

花期

5〜7月

【ニワナナカマドについて】

ニワナナカマドは、中国原産のバラ科ホザキナナカマド属の落葉中木です。ナナカマドは別属で木が大きくなりますので、なかなか庭に植えて楽しむというわけにはいきませんが、このニワナナカマドは比較的コンパクトですので、剪定をして育てれば、それほどスペースは必要ありません。

別名を「チンシバイ」ともいい、初夏に美しい白花が咲きます。名前の由来は、ナナカマドの葉に似ているところからきています。なお、ナナカマドは、美しく紅葉しますが、このワナナカマドは、残念ながら紅葉はしません。

栽培したところでは、花が一斉に咲くという咲き方ではなく、初夏に、比較的まとまって花が咲きますが、その後も散発的に咲いてくれます。

【ニワナナカマドの概要】

ニワナナカマドの花

樹高

株立ち状で、2〜3mほどになります。

円錐花序という咲き方で、穂状の白い花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 強い

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Sorbaria kirilowii

学名の説明

Sorbaria・・・・・ Sorbus(ナナカマド属)に由来します。Sorbus はナナカマド属のラテン古名 sorbum が語源です。

kirilowii・・・・・19世紀のロシアの植物学者 Ivan Petrovich Kirilov に因みます。

【主な種類と品種】

近縁種にホザキナナカマドがあります。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 通常の剪定は、落葉後の冬場に伸びた枝を切り詰めておきます。

植え付け

ニワナナカマドは、株立ち状になって、樹勢も比較的強いことから鉢での栽培にはあまり向いていません。その名前のとおり、庭に植えて育てたい花木です。

落葉樹ですので、一般的には11〜12月又は2月下旬〜3月上旬頃に植えつけます。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の腐葉土若しくはバーク堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植え付けます。

ニワナナカマドの花

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。半日陰程度でも問題はありません。

剪定

花がその年に伸びた枝の先に咲きますので、通常の剪定は、落葉後の冬場に伸びた枝を切り詰めておきます。

また、初夏に花が咲いた後、伸びた枝を切り戻しておくと、秋にも花が咲きます。

ふやし方

1株あればあえて増やす必要もないですが、株の周りの根萌芽した子株を株分けして増やすことができます。

肥料

幼木時のとき、2月ごろに寒肥を与える程度で、後はそれほど多肥にしなくてもよく花をつけます。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。