テンニンギク(天人菊) Gaillardia pulchella

テンニンギクの花
写真 テンニンギク ”レッドブルーム”
撮影時期 2008.6.1
栽培状況 秋まき後、庭植え
科名・属名

キク科
ガイラルディア属

園芸分類

秋まき一年草
春まき二年草

別名

ブランケットフラワー

原産地

北アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【テンニンギクについて】

テンニンギクはそれほど栽培されることは多くありませんが、切り花ではよく見かけます。北アメリカ原産での秋まき一年草若しくは春まき一年草(二年草)で、近縁種に宿根草のオオテンニンギクがあり、一緒にして属名のガイラルディアと呼ばれることもあります。

2017年に、単にガイラルディアとして販売されていたタネを春にまいたところ、実は、テンニンギクでした。苗の状態でポットに植えたまま、夏場は涼しいところに置いてあったところ、夏を越しました。秋に定植する予定にしていますが、このことからして、春まき二年草としても差し支えないと考えられます。

いずれにせよ、栽培したところでは、タネから育てても、生育がよく、栽培はごく簡単でした。何株かまとめて植えると、花時は、なかなか美しいものです。

【花の特徴と性質】

テンニンギクの花

草丈

40〜50pほどになります。

赤、黄、橙の他、赤色の花弁の先端が黄色になった径5p程度の花を咲かせます。

一重の他に八重咲きもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が強く、また、耐暑性も比較的強いので夏でもよく咲きます。

学名の説明

Gaillardia・・・・・18世紀のフランスの植物学者 Gaillard de Charentonneau の名前に因んでいます。

pulchella・・・・・「美しい」

【主な種類と品種】

レッドプルーム

草丈30pほどの八重咲き品種です。

イエロープルーム

レッドプルームと同様の形質で、こちらは黄花です。(写真下)

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

春まきでも、秋まきでもかまいませんが、やはり、秋まきの場合がよく咲いてくれます。春まきの場合は、その年にはそこそこ花が咲きますが、夏の暑さで多くは枯れてしまいます。ですので、暖地では通常、9月中旬〜10月中旬ごろに箱まきにします。覆土は3〜5mmほどにします。

寒地の場合は、春まき二年草の扱いでよいのではないでしょうか。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えて苗を育てます。

植え付け

花壇に植えるときは、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて耕しておきます。

ポットに根が回ったら、花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植えるときはバーク堆肥を1u当たり5〜6Lほど入れて庭土とよく混ぜ合わせてから植えつけます。

株間

20〜25p程度とします。60cmの標準のプランターの場合は、3〜4株が目安です。

テンニンギクの花

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけます。

日常の管理

丈夫なので、一度植えつけると、ほとんど手間がかかりませんが、終わった花は早めに切り取ります。

冬の管理

暖地の場合は、寒さには比較的強いので霜除けの必要はありません。寒冷地は霜除けをした方が安心です。

肥料

花壇に植えるときは、植えつけ時に化成肥料を1u当たり50gほど撒いて、堆肥と一緒に庭土によく混ぜて植えつけます。

病気・害虫

それほど被害を与えるものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。