テイカカズラ Trachelospermum asiaticum

テイカカズラの花
写真
撮影時期
栽培状況
科名・属名

キョウチクトウ科
テイカカズラ属

園芸分類

常緑蔓性低木

別名

チョウジカズラ、
マサキノカズラ

原産地

日本、朝鮮半島

用途

庭植え(生け垣)

花期

5〜6月

【テイカカズラについて】

テイカカズラは、キョウチクトウ科テイカカズラ属のツル性花木で、その名前は、式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女を忘れられず、この葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説に由来すると言われています。

栽培したところでは、庭植えの場合は、枝がかなり伸びますが、剪定して育てると手に負えなくなるということはありません。

【花の特徴と性質】

樹高

ツル性で、枝が伸びて広がっていきます。

上の写真は庭植えですので、2mほどの広がりになっています。剪定をしなければさらに広がる状況です。

花径2.5pほどの小さな花がたくさん咲きます。

ジャスミナム属ではありませんが、とてもよい香りをもっています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があります。

学名の説明

Trachelospermum・・・・・ギリシャ語の trachelos(頚、首)+ sperma(種子)が語源です。
※ 種子がくびれていることに由来するとされています。

asiaticum・・・・・「アジアの」

【主な種類と品種】

白花が一般的ですが、ピンクや薄黄色の花が咲く種類も出回っています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店では、5月頃に花の咲いた株が鉢植えで出回っていますので、これを買って育てることになります。ツル性で枝がよく伸びますので庭植えが適していますが、ある程度までは大きな鉢で育てることもできます。

開花株を購入したときは、花が終わったころに庭に植え付けますが、ツル性ですのでポールやフェンスなどに誘引する必要があります。暖地では秋でも植えつけできます。

苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、堆肥を入れ庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。植えた後は、タップリと水やりをしておきます。

鉢で育てる場合は、購入した鉢より一回りか二回り大きい鉢に植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥を2対1程度に混ぜた用土に植えていますが問題なく育っています。

勿論、バーク堆肥の変わりに腐葉土でも差し支えありません。

植え場所・置き場所

日当たりのよいところに植え付けると花付きが良くなります。ただし、夏場は強い西日が当たるところは避けた方が無難です。

とはいえ、夏の午後もかなり遅くまで日の当たるところに植えていますが、特段の問題なく毎年よく花が咲いていますので、しっかりと根付いてしまえば、あまり神経質になる必要はないかと思います。

鉢植えも日当たりのよいところで育てますが、できれば、夏は水切れを防ぐ意味でも半日陰になるところに移します。

日常の管理

鉢植えの場合は、夏の水切れに注意します。

剪定

テイカカズラは、夏には花芽ができますので、通常の剪定は、花後に行います。秋以降に強剪定をすると、花芽が切り取られるので、翌年花が咲かなくなります。

12月〜2月の剪定は補助的に、伸びすぎた枝を切り詰める程度にします。

肥料

庭に植える場合は、植えつけ時に有機質肥料を与えますが、後は、やせ地以外は特に必要はありません。むしろ枝が伸びすぎて困ることになります。

鉢植えの場合は、植えつけ時に有機質肥料を与え、4〜6月と9〜10月の間に、月に1回程度置き肥をします

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。