セルリア

セルリアの花
写真 'プリティピンク'
撮影時期 2021.12.15
栽培状況 開花株購入

科名

ヤマモガシ科

属名

セルリア属

学名

Serruria florid

園芸分類

常緑低木

別名

ブラッシングブライド

原産地

南アフリカ
(オーストラリア)

主な用途

鉢植え

花期

12〜3月

【セルリアについて】

セルリアは、南アフリカケープ州原産のヤマモガシ科セルリア属の常緑低木です。原産地は南アフリカですが、オーストラリアで育種が進められたようです。現在、多く流通しているのはこの属のフロリダ(Serruria florida)という種類です。

セルリアは、花びらのように見えて人目を引くのは苞の部分で、花はその中にあります。耐寒性が弱く、夏の高温多湿にも弱いのでやや育てにくいですが、美しい花(苞)は長く楽しめますのでなかなか魅力があります。

【栽培メモ】

'プリティピンク' という品種の開花株を購入して鉢植えで育てているところです。開花期間が長く、開花したまま冬になってきましたので、玄関先に取りこみました。その後は、冬の間も咲き続け、葉を落とすことはありません。ですので、耐寒性は弱いものの、極端に弱いということはありません。

【育て方は下へ ↓ 】

【セルリアの概要】

樹高

1.5mほどになるようです。ただし、鉢植えでは切り戻しをして育てますので、通常の栽培ではそこまで高くなることはありません。

花びらのように見えるのは苞で、花は中心部になります。苞は、白やピンクがあります。

セルリアの花

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い

耐寒性は0℃と言われています。また、夏の高温多湿が苦手です。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:やや難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Serruria florida

学名の説明

Serruria・・・・・18世紀初頭のオランダ植物学者 James Serrurier への献名

florida・・・・・「花が満開の」

【主な種類と品種】

'プリティピンク' という品種が販売されています。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ やや乾燥気味に管理します。

植え付け

耐寒性が弱く、また、夏の高温多湿を嫌いますので、鉢植えで育てます。購入した開花株が根詰まり気味のときは、根鉢を崩さないようにして一回り大きい鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を好みますので、鹿沼土、ピートモス、パーライトを6:2:2程度に混ぜた用土などが一例です。

セルリアの花

置き場所

春と秋は日当たりのよいところで育てますが、冬は室内で、夏場は涼しいところで管理します。

植え替え

2年に1回を目安に、花後に植え替えをします。

日常の管理

多湿を嫌いますので、やや乾燥気味にして管理します。また、梅雨時など、長雨には当てないようにします。

花が終わったら、全体を二分の一程度に切り戻しておきます。

夏の管理

高温多湿を嫌いますので、風通しのよい涼しいところに置きます。

冬の管理

耐寒性が弱いことと開花時期に重なりますので、室内に取りこみます。

肥料

多肥にする必要はありません。春と秋に緩効性の固形肥料を少なめに与えます。なお、リン酸分の多い肥料はよくないとされています。

病気・害虫

特にはないようですが、過湿になると枯れることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップへ
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。