ニオイスミレ Viola odorata

ニオイスミレの花
写真 ニオイスミレ
撮影時期 2005.2.12
栽培状況 鉢植え
科名・属名

スミレ科
スミレ属

園芸分類

宿根草

別名

スイートバイオレット

原産地

ヨーロッパなど

用途

鉢植え

花期

3〜5月

【花の印象など】

ニオイスミレはパンジーのように多花性ではありませんし、花も小さいですが、スイートバイオレットという別名のとおり、上品なとてもよい香りを持っています。このため、ヨーロッパでは香料として古くから栽培されてきています。

丈夫ですが、耐暑性が強くないので、この点、注意が必要です。

【花の特徴と性質】

草丈

這性で、ランナーを伸ばして横に広がります。

花茎2〜3pで一重と八重咲きがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性はあまり強くありません。

【主な種類と品種】

ピンクや白もあるようですが、紫の八重咲きの品種がよく出回っています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

1〜2月頃に園芸店に出てきますので、これを買って育てます。ポット苗の場合は、鉢にそのまま植え替えます。

植え場所・置き場所

耐暑性が強くありませんので、午後は日陰になるところが適しています。

日常の管理

株分けは春か秋に行います。株分けして植え付ける際には、酸性土壌を嫌うため、苦土石灰を混ぜておきます。

肥料

月に1回程度、置き肥をします。

病気・害虫

アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。