ステルンベルギア Sternbergia lutea

ステルンベルギアの花
写真 ステルンベルギア・ルテア
撮影時期 2009.10.17
栽培状況 庭植え
科名・属名

ヒガンバナ科
ステルンベルギア属

園芸分類

夏植え球根

別名

キバナタマスダレ

原産地

ギリシャ、小アジア

用途

庭植え、鉢植え

花期

10月

【ステルンベルギアについて】

ステルンベルギア属は、ペルシャからコーカサス地方などに自生するヒガンバナ科の球根植物ですが、この中では、ルテア(S. lutea)がよく栽培されます。この花は、キバナタマスダレと言われるように、タマスダレに似た純黄色のすっきりした花色で、鉢植えでも花壇に植えてもよく育つので人気があります。

開花時期が10月ですので、この花が咲くと寂しくなった花壇の中でとてもよく目立ちます。

栽培したところでは、耐寒性があって、花壇に植えてもプランターに植えても、よく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

草丈

15〜20pほどの草丈になります。

1球から10pほどの花茎を2〜3本伸ばし、そのうえに鮮やかな黄色の花を咲かせます。花径は3pほどです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性があり、暖地では露地でそのまま冬を越します。

学名の説明

Sternbergia・・・・・19世紀のオーストリアの植物学者 Count Kasper von Sternberg への献名

lutea・・・・・「黄色の」、「金黄色の」

【主な種類と品種】

ステルンベルギア属の仲間を紹介します。もっとも、ルテア以外は、種苗会社のカタログなどで見かけることはありません。

ルテア
S. lutea

キバナタマスダレとしておなじみの花です。開花期は10月ごろです。

クルシアナ
S. cruciana

ルテアより1カ月ほど遅れて咲きます。花色は濃い黄色の大輪です。

フィシェリアナ
S. fisheriana

3月に咲く種類で、花色はレモンイエローです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

8月下旬〜9月上旬頃が植えつけの適期です。植えたその年の秋に花が咲きますので、植えつけが遅れないようにします。耐寒性がありますので花壇に植えても楽しめますが、草丈が高くならないので、鉢やプランターで育てるのにも向いています。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

鉢植えの用土

鉢やプランターの用土は、市販の球根用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え付けの深さ

花壇に植える場合は、5p程度にします。鉢植えの場合は首が少し出るくらいの浅植えにします。

ステルンベルギアの花

株間

庭植えは、5〜10pほどにしますが、密植した方が見栄えがします。

鉢植えは6号鉢に5球が目安です。

植え場所・置き場所

庭植えの場合は、日当たりのよい場所を選びますが、午後日陰になるような場所でも支障はありません。

土質は選びませんが、水はけのよくないところは避けるようにします。

水はけがよくないと夏の高温期に球根が腐りやすくなります。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところで育てます。

植え替え

花壇に植えた場合は、水はけがよい条件のよい場所に植えていれば3〜4年は植えっぱなしにできます。球根が混みあってきたら植え替えます。

もっとも、私の経験では、高温多湿にやや弱いので、関東以西の暖地では、毎年掘り上げた方が安全だと思われます。

鉢やプランターで育てている場合は、毎年もしは2年に1回は植え替えます。

日常の管理

鉢やプランターは、過湿にならないよう注意します。葉が黄色くなって来たら水やりを中止します。

タネをとる場合を除き、花が終わったら花茎を早めに切り取っておきます。

冬の管理

花壇に植えた場合は霜除け等は必要ありません。耐寒性は強いですが、鉢やプランターは、厳寒期は軒下など霜の当たらないところに移します。

休眠期の管理

5月ごろには葉が枯れてきて休眠期に入ります。植え替えを予定しているときは、葉が枯れてきたら球根を掘り上げます。掘り上げる時期を失したときは、10月ごろに掘り上げて、すぐに植え付けます。

鉢やプランターの場合は、掘り上げずに、そのまま雨のかからない日陰に置いて秋の植えつけ時まで保管しても差し支えありません。

掘り上げた球根は、水洗いして日陰で乾燥させます。球根が乾いたら、分球しているものは球根を分けてネットの袋などに入れて、植えつけ時まで保管しておきます。保管場所は、雨の当たらない日陰の風通しのよいところにします。

肥料

植えつけ前に緩効性の化成肥料を土とよく混ぜておきます。また、鉢やプランターは、元肥のほかに生育期に月2〜3回液肥を与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。