シラユキゲシ

シラユキゲシの花
写真 シラユキゲシ
撮影時期 2007.3.25
栽培状況 庭植え

科名・属名

ケシ科
シラユキゲシ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

中国東部

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【シラユキゲシについて】

シラユキゲシは、中国東部の湿った森林地帯などに自生するケシ科の宿根草で、清楚な一重の白花が咲きます。名前からすると、ひ弱なイメージがしないでもないですが、夏の暑さにも比較的強く、丈夫です。また、半日陰で湿った場所を好みますので、そうした場所で利用価値があります。

特徴としては、ひとところで育てるということができず、地下茎がよく伸びて、あちこちに芽を出しますので、そのことを考慮して育てる必要があります。

【栽培メモ】

香南市野市町のような暖地ではシラユキゲシの栽培環境にあまり適していないようで、増えすぎて困るというほどにはなりませんでした。もっとも、栽培はそれほど難しくはなく、思わぬところに芽を出してくれたりしました。

【シラユキゲシの概要】

草丈

20〜30pほどです。

花径4pほどの白い一重の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 比較的強い

耐寒性は強く、また、耐暑性もかなりあります。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Eomecon chionantha

学名の説明

Eomecon・・・・・ギリシャ語の eos(東)+ mekon(ケシ)が語源です。
※ 自生地が中国であることに由来します。

chionantha・・・・・ギリシャ語の chion(雪)+ anthos(花)が語源です。

【主な種類と品種】

特にはありません。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 根がよく伸びますので、鉢植えの場合は、毎年、植え替えます。

植え付け

コンパクトな株立ちですので、庭植えはもちろん、鉢やプランターに植えて育てるのにも向いています。むしろ、庭植えにするとあちこちに顔を出すので、プランターに植えた方が後々の管理が楽かもしれません。

庭に植えるときは、深さ20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の腐葉土(又はバーク堆肥)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

植わっている鉢が小さいときは、そのままでは根詰まりをしますので、鉢やプランターで育てる場合は、一回り又は二回り大きい鉢かプランターに植えつけます。

シラユキゲシの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

半日陰のやや湿ったところが適しています。鉢やプランターで育てる場合も、半日陰に置いて育てます。

植え替え

根がよく伸びますので、鉢植えの場合は、毎年、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをして植え替えます。

日常の管理

地下茎がよく伸びて広がりますので、増えすぎたときは適宜取り除きます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

ふやし方

地下茎が伸びて繁殖します。

肥料

庭植えの場合、やせ地でない限りそれほど必要としません。鉢植えの場合は、植え付け時に緩効性肥料を与えるとともに、生育期間中、時々液肥を与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。