ジニア・プロフュージョン

ジニア・プロフュージョンの花
写真 ジニア・プロフュージョン ダブル
撮影時期 2015.10.9
栽培状況 春まき後、庭植え

科名・属名

キク科
ヒャクニチソウ属

園芸分類

春まき一年草

別名

(特にありません)

原産地

(園芸交雑種)

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜11月

【ジニア・プロフュージョンについて】

ジニアとは、百日草などが含まれるヒャクニチソウ属の学名ですが、ジニア・プロフュージョンは、「サカタのタネ」が百日草(ジニア・エレガンス)とジニア・リネアリスを交配してつくり出した園芸種です。

夏の暑さに強く、生育が旺盛で花付きもよいのでよく栽培されています。公園などでも一面に咲いたところを見かけます。

【栽培メモ】

種子は大きく、タネを播いて苗を育てるのはごく簡単でした。大輪のダリア咲き百日草と比較すると華やかさの点では多少見劣りするかもしれませんが、ウドンコ病に強く、草丈も低いので花壇は勿論、鉢やプランターでも手軽に楽しめるなど優れた点が多い草花です。

また、猛暑日が珍しくなくなった最近の夏でも、少し枯れる株があるものの大半は夏を越しています。

【ジニア・プロフュージョンの概要】

ジニア・プロフュージョンの花

草丈

草丈は、30p前後です。

花径5〜6cmほどで、色は、白、黄、オレンジ、濃桃色があります。一重咲きのほか八重咲きの品種が出ています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 強い

強い日照と高温を好み、耐暑性が強いので初夏から晩秋まで咲き続けます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ タネから育てる場合:やさしい

※ 苗から育てる場合:やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Zinnia hybrida

学名の説明

Zinnia・・・・・18世紀のドイツの植物学者 Johann Gottfried Zinn への献名

hybrida・・・・・「雑種の」

【主な種類と品種】

サカタのタネから一重と八重の品種が売られています。花色別のほかミックスもあります。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 夏が来る前に、思い切って切り戻しをしておきます。

タネまき

種子は大きく、苗を育てるのは比較的容易です。百日草と同様、発芽温度が比較的高いので、あまり早く播くよりも、4月になってまいた方が無難です。早くまく場合は、フレームなどにまいて管理します。箱まきにして、覆土はタネが隠れる程度にします。

ジニア・プロフュージョンの花

発芽後、本葉2〜3枚のときにポリポットなどに植え替えて育苗します。

植え付け

花壇に植えつけるときは、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。

本葉が5〜6枚になった頃に定植します。遅くまで咲くので、多少、定植の時期が遅くなっても、花を楽しむことができますが、株張りのよい株に育てようとするなら、早めに定植します。

花壇に植えつける際は、腐葉土(又はバーク堆肥)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

株間

25〜30pの間隔をとって植え込みます。60cmの標準のプランターの場合、3株が目安です。

植え場所・置き場所

日当たりがよいことが大切で、土質はあまり選びませんが、よい花を楽しむためには有機質に富んだところに植え込みます。

日常の管理

花壇に植えた場合でも、晴天が続いてあまり乾燥すると株が衰弱しますので、葉がしおれてきたら、たっぷりと灌水をしてやります。

ジニア・プロフュージョンの花

夏が来る前に、思い切って切り戻しをしておきます。夏に枯れる株もありますが、夏を越した株は、再びにぎやかに咲いてくれます。

肥料

花壇に植えるときは、1u当たり化成肥料を50gほど施します。また、開花期間が長いので、月1回は追肥します。

病気・害虫

発芽後の幼苗のときに、ナメクジやカタツムリの食害に注意します。ヒャクニツソウはウドンコ病が発生しやすいのですが、ジニア・プロフュージョンはほとんど発生しません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。