コウシュンカズラ Tristellateia australasiae

コウシュンカズラの花
写真 コウシュンカズラ  'スターチャイルド'
撮影時期 2008.6.22
栽培状況 鉢植え

科名・属名

キントラノオ科
トリステラジア属

園芸分類

常緑つる性低木

別名

(特になし)

原産地

オーストラリアなど亜熱帯地域

用途

鉢植え

花期

5〜10月

【コウシュンカズラについて】

コウシュンカズラは、漢字で書くと ”恒春葛” となるようですが、買ったものに付いていたラベルは「香春カズラ」となっていました。ただし、花に香りはありません。

キントラノオの近縁種ですが、こちらはツル性で花が咲き進むと花茎が垂れてきます。

なお、園芸店やホームセンターなどでコウシュンカズラとして売られているものがキントラノオであることがよくあります。

【花の特徴と性質】

樹高

ツル性ですが、剪定をすれば40〜50pほどに抑えることができます。

花径4pほどのすっきりした黄色の花が咲きます。写真のように花がたくさん咲くので、とても見栄えがします。

耐寒性・耐暑性

耐暑性はありますが、耐寒性がありません。

学名の説明

Tristellateia・・・・・ラテン語の tres (3)+ stella (星)が語源です。
※ 無傷の果実にある3つの翼果( 果皮の一部が平らな翼状に発達した果実)が星に似ていることに由来します。

australasiae・・・・・「オーストラリアの」

【主な種類と品種】

スターチャイルドという品種が出回っています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

初夏に花の咲いた株が出回っています。これを買ってきて育てることになりますが、耐寒性がないので通常は鉢での栽培になります。購入した株は鉢が小さい場合が多いので、こうした場合は大きめの鉢に植え替えます。

コウシュンカズラの花

置き場所

日当たりのよいところで管理します。耐寒性がないので、冬は室内に取り込みます。

日常の管理

ツル性ですので、一般にはアンドン仕立てにして栽培します。枝が伸びすぎたら、適宜切り戻しをします。生育期間中はたっぷりと水を与えますが、冬場は控えめにします。

通常の植え替えは、4月になってから行います。

冬の管理

耐寒性がありませんので、冬は室内に取り込みます。乾燥気味にして水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

肥料

生育期間中に月に2度ほど液肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。