コンボルブルス

コンボルブルスの花
写真 コンボルブルス・トリコロール
撮影時期 2008.5.11
栽培状況 秋まき後、鉢植え(冬は軒下で霜除け)

科名・属名

ヒルガオ科
セイヨウヒルガオ属

園芸分類

春(秋)まき一年草

別名

サンシキヒルガオ

原産地

南ヨーロッパ

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜7月

【コンボルブルスについて】

コンボルブルスとは、セイヨウヒルガオ属のことです。ヨーロッパ原産のセイヨウヒルガオ(Convolvulus arvensis)を空き地などで見かけることがありますが、この属の中で園芸として栽培されているのは、サンシキヒルガオ(三色昼顔)と呼ばれるトリコロール(C. tricolor)などです。

トリコロール以外には、宿根草のサバティウスC. sabatius)や小低木のクネオルムC. cneorum)もよく栽培されています。

ここで取り上げているトリコロールは、春(秋)まき一年草です。やや耐寒性が弱いこともあって、それほど栽培されることが少ないですが、なかなか派手な色彩の花が咲きます。発芽は非常によく、育苗も簡単なのでタネから育てるのは難しくありません。

【栽培メモ】

トリコロールは、秋まきした方がよい結果が得られました。春まきの場合、ちょうど開花期が梅雨と重なってしまい、期待したようには咲いてくれませんでした。秋まきにして、霜よけをすると5月には花が楽しめます。

【コンボルブルス・トリコロールの概要】

コンボルブルスの花

草丈

30cmほどですが、ほふく性で上には伸びず横に広がっていきます。

花径5〜6cmの一重の花です。

花色は、中心が黄色、その外側が白、そしてその外側がブルーやピンクなどに分かれていることから、三色昼顔と呼ばれています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い

耐暑性が強いと思っていたら、トリコロールは梅雨時にダメになりました。高温多湿が苦手のようです。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ タネから育てる場合:比較的やさしい

※ 苗から育てる場合:やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Convolvulus tricolor

学名の説明

Convolvulus・・・・・ convolvere(巻き付く)が語源です。

arvensis・・・・・「耕作地の」

tricolor・・・・・「三色の」

【主な種類と品種】

コンボルブルス属の中では、宿根草の サバティウス (C. sabatius) と小低木のクネオルム (C. cneorum) もよく栽培されています。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 温暖地では、秋まきの方がよく咲いてくれます。

タネまき

一般的に春まきとされていますが、温暖地の場合は秋まきもできます。根が直根性のためポリポットに播いて育てます。

発芽適温は25度前後ですので、秋まきの場合は、9月中旬〜10月上旬に播き、覆土を5mm程度とします。春まきの場合は4月に入って暖かくなってから播くようにします。

植え付け

ポットに根が回ったら、花壇やプランターなどに定植します。

酸性土を嫌いますので、花壇に植える場合は、植え付け前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。植え付けの際は、腐葉土(又はバーク堆肥)を1u当たり10Lと化成肥料を50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

プランターに植える場合は、径の大きな浅底のボールプランターが適しています。

コンボルブルスの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土、若しくは赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います

株間

25〜30cm程度にします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけます。

鉢やプランターも日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

花がらをこまめにつみ取り、株の消耗を防ぎます。

冬の管理

秋まきの場合、庭植えは不織布でトンネルするなどして霜除けします。鉢植えは、軒下など霜の当たらないところで育てます。

肥料

花壇に植えるときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を庭土に撒いから植え付けます。秋に定植したときは、春になったら、追肥として化成肥料を与えます。

鉢やプランターに植えた場合は、元肥の他、秋に定植したときは、暖かくなってきたら、株の状況を見ながら適宜液肥を与えます。チッソ肥料を与えすぎると花付きが悪くなるので注意します。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。