ゲンペイカズラ(源平木)

ゲンペイカズラの花
写真 ゲンペイカズラ
撮影時期 2003.5.24
栽培状況 鉢植え

科名・属名

シソ科
クサギ属

園芸分類

非耐寒性常緑低木

別名

ゲンペイクサギ
ゲンペイボク

原産地

西アフリカ

用途

鉢植え

花期

5〜7月

【ゲンペイカズラについて】

ゲンペイカズラは、西アフリカ原産のシソ科クサギ属のつる性植物です。本来は常緑ですが、非耐寒性で寒くなると葉を落とします。なお、本種とベニバナクサギ(Clerodendrum splendens)の交配でつくられたの園芸交雑種にベニゲンペイカズラがあります。

寒さにさえ気をつければ丈夫で、美しい花が咲きますが、白いところはガクといわれる部分で、赤いところが花です。色の取り合わせが美しいので昔から人気があります。

なお、クサギ属の仲間には、クラリンドウなど魅力的な花木がありますが、いずれも耐寒性がありません。なお、ブルーエルフィンは、以前はクレロデンドルム・ウガデンセとも呼ばれ同属になっていましたが、今はロテカ属とされています。

【栽培メモ】

つる性とは言え、鉢植えで育てている分には、つるがどんどんと伸びるということはありませんので、一般的なアンドン仕立てで間に合っています。

【ゲンペイカズラの概要】

樹高

1mほどには伸びますが、剪定をして育てると、もっと低く抑えることができます。

白いガクと赤い花弁の取り合わせが美しいので昔からよく栽培されています。耐寒性が弱いのが惜しまれます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 強い

寒さに弱いので、冬の間、よく日の当たる室内に取り込む必要があります。7〜8度程度は必要なので、温暖地でも露地での越冬は困難です。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:(耐寒性が弱いので)やや難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Clerodendrum thomsoniae

学名の説明

Clerodendrum・・・・・cleros(運命)+ dendron(樹木)が語源です。
※ この属の木が呪術に使われていたことに由来します。

thomsoniae・・・・・牧師 William Cooper Thomson の妻の名前に因みます。

【主な種類と品種】

葉に白い斑が入っている品種も出ています。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 翌年も育てようとするなら、冬の管理が大切です。

植え付け

5月ごろになると園芸店に顔を出しますので、これを買って育てます。寒さに弱いので、通常は鉢での栽培になります。売られているものは鉢が小さい場合が多いので、この場合は、根鉢をあまり崩さないようして5〜6号くらいの鉢に植え付けます。

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥を等量にしたものに植えていますが、問題なく育ちました。赤玉土7、腐葉土3程度でも差し支えありません。

ゲンペイカズラの花

置き場所

4〜11月までは戸外のよく日の当たる場所で育てます。

植え替え

小さい鉢に植えている場合は毎年、大きめの鉢に植えている場合は2年に1回を目途に植え替えをします。時期は、十分に暖かくなった4月中旬〜5月が適当です。

日常の管理

生育期には土が乾いたらたっぷりと水やりします。特に、夏場の水切れには注意します。

挿し木で増やすことができますので、増やすときは7月頃にバーミキュライトなどに挿し木します。

剪定

放任すると枝が伸びすぎて樹形が悪くなりますので、枝の状況を見て適宜、剪定してやると、見栄えがよくなります。

強めの剪定は、室内に取り込む前に行うようにします。

冬の管理

耐寒性がないので、冬は、室内に取り込みます。

寒さのため葉が落ちる場合がありますが、霜に当てなければ春に芽が出てきますので、あわてて処分しないようにします。

肥料

元肥として緩効性の肥料を与え、後は、月1回程度緩効性の固形肥料を置肥するか、液肥を月2回程度与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。