クラダンサス Cladanthus arabicus

クラダンサスの花
写真 クラダンサス
撮影時期 2004.4.27
栽培状況 秋まき後、庭植え(厳冬期は農ポリでトンネル)
科名・属名

キク科
クラダンサス属

園芸分類

秋まき一年草

別名

アンテミス・クリスクロス

原産地

南スペイン、モロッコ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜6月

【クラダンサスについて】

クラダンサスは、栽培されることの少ない花ですが、秋まき一年草で鮮やかな黄色い花が咲きます。特徴は、花のすぐ下から枝が5本ほど出て、またその先に花が咲くというおもしろい形態にあります。

「サカタのタネ」から 'アンテミス・クリスクロス' という名前でタネが出ていましたが、残念ながら最近のカタログには出ていません。

栽培したところでは、厳冬期に農ポリでトンネルをして育てたところ、4月には写真のように大変よく咲きました。霜除けさえしっかりすれば、育てやすい草花です。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は40pほどになります。写真のように、葉が松葉に似ています。

花径3pほどの鮮やかな黄色の花がにぎやかに咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は比較的ありますが、耐暑性はありません。

学名の説明

Cladanthus・・・・・ギリシャ語の klados(枝)+ anthos(花)が語源です。
※ 分枝する習性に由来します。

arabicus・・・・・「アラビアの」

【主な種類と品種】

特にありません。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

暖地では9月下旬〜10月にまきます。寒い地方は春まきとします。育苗箱やピートバンにまき、覆土は2mm程度にします。寒くなる前に、根を十分に張らすことが大事ですので、タネまきは、あまり遅くならないようにします。

発芽後、本葉が2〜3枚になったらポットや小鉢に植え替えて、苗を育てます。

植え付け

その後、ポットに根が回ったら定植します。移植をあまり好まないので、早めに定植します。

花壇へ植えつけるときは、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて庭土とよく混ぜてから植えつけます。

クラダンサスの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

株が大きくなるので30〜40pほどとします。60cmの標準のプランターの場合は2〜3株が目安です。

植え場所・置き場所

日当たり、水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターも日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

鉢やプランターで育てる場合は、過湿にならないよう鉢土の表面が乾いたら水やりします。

冬の管理

強い霜に当たると傷みますので、花壇に植えた場合は不織布をべた掛けするなどして、霜除けをした方が安全です。鉢やプランターに植えたときも、冬は、軒下など霜の当たらないところに移します。

肥料

植え付け時に、化成肥料を1u当たり50gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜておきます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。