キンレンカ(金蓮花) Tropaeolum majus

キンレンカの花
写真 キンレンカ ' ホワリーバード '
撮影時期 2005.5.28
栽培状況 春まき後、庭植え
科名・属名

ノウゼンハレン科
キンレンカ属

園芸分類

春まき一年草

別名

ナスタチューム

原産地

メキシコ、南アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜10月

【キンレンカについて】

キンレンカは、ノウゼンハレン科の春まき一年草です。葉が蓮の葉によく似ていますので、その名前が付いています。原産地は、メキシコ、南アメリカですが、高地の冷涼なところに自生していますので、暑さにはあまり強くありません。

なお、ハーブとしても扱われますが、そのときはナスタチウムという場合が多いようです。エディブルフラワーとして無農薬栽培すれば、葉や花はサラダにして食べることができます。

栽培したところでは、キンレンカは、高温多湿を嫌うので、3月始めにフレームでタネをまき、梅雨が来る前に開花させるのがベストでした。4月中旬ごろにまいたところ、十分育たないうちに梅雨時から夏の高温多湿の時期を向かえ、あまりよい結果が得られませんでした。

今年(2017年)、秋播きにして、冬は4号のポリポットに植えた状態で無加温のビニールハウスで冬を越させ、春先に定植しようと取り組んでいます。結果は、後日、追記する予定です。

【花の特徴と性質】

キンレンカの花

草丈

草丈は30pほどです。よく伸びるので、行灯仕立てにすることもできますし、吊り鉢にして楽しむこともできます。

春から秋にかけて径5pほどの花を咲かせます。

花色は、黄、橙、などの鮮やかな色彩です。一重と八重がありますが、一重の花をよく見かけます。

耐寒性・耐暑性

高温多湿が苦手です。栽培環境を変えられるプランターに植えて夏を越すことができれば、涼しくなって秋に再び咲き始めます。

耐寒性はなく、軒下に置いてありましたが、寒さで枯れてしまいました。

学名の説明

Tropaeolum・・・・・ギリシャ語の tropaion(トロフィー)が語源です。

majus・・・・・「より大きい」

【主な種類と品種】

ジュエル混合

矮性の八重咲きで、緋紅、桃、黄色などの混合です。

チップトップ系

タネまき後、70〜80日で開花する早生種です。

アラスカ混合

葉に斑が入る品種です。

ホワリーバード混合

各色の混合で、花がにぎやかに咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

発芽適温が15〜20度程度ですが、3月上旬〜4月上旬にまきます。暖地では、まく時期が遅くなると、特に庭植えの場合、梅雨の長雨と夏の高温多湿であまりよい結果が得られません。

移植を嫌うので、ポットに直接まき、タネが大きいので覆土は1p程度と厚くします。一袋の中にタネがあまり多く入っていませんので、苗がたくさん欲しい場合はポットに1粒ずつまきます。普通に管理すれば、ほとんど発芽します。

生育が良いので、育苗はすこぶる簡単です。

キンレンカの花

植え付け

花壇に植えるときは、植えつけ前に苦土石灰をまいて耕しておきます。

本葉が5〜6枚のときに、花壇やプランターなどに定植します。定植時に摘芯をすると、枝数が増え花数も多くなります。

花壇に植えつけるときは、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。少し高うねにして、水はけをよくしておきます。

園芸店に3月頃からポット苗が出回るようになりますので、鉢やプランターで楽しむなら、これを買って植え付けると簡単です。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土などを使います。

株間

20〜25p程度とします。プランターの場合は、標準のプランターに3株を目安にします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところを選びます。高温多湿に弱いので、夏は西日が当たらないところが最適です。ただし、庭植えの場合、関東以西の暖地では、夏越しは厳しいと言えます。

鉢やプランターも日当たりのよいところで育てます。ただし、夏は半日陰若しくは明るい日陰に、また、梅雨時など長雨が続きそうなときは雨のかからないところに移した方が安心です。

日常の管理

栽培していると、どうしても葉が傷んだり、変色してきたりしますので、そうした葉は早めに取り除きます。

過湿にすると根腐れを起こすことがありますので、鉢やプランターの場合は、鉢土の表面が乾いてから水やりをします。

花後に切り戻しをして風通しをよくすれば、いくらかでも夏越しがしやすくなります。

キンレンカの花

ふやし方

挿し芽で殖やすことができます。6月に先端から10pほど切り取りバーミキュライトなどに挿せば容易に発根します。

肥料

肥料はごく控えめにします。多肥にすると花付きが悪くなります。特に、窒素肥料が多いと花付きが悪くなります。

病気・害虫

大きな被害を与える病害虫は特にありませんが、アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。