カラミンサ Caramintha spp.

カラミンサ
写真 カラミンサ
撮影時期 2016.11.20
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

シソ科
トウバナ属

園芸分類

宿根草

別名

レッサーカラミント

原産地

地中海沿岸地方

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜11月

【カラミンサについて】

カラミンサとして栽培されるのは、白、ピンク、淡紫色の小さな花が長い間たくさん咲き、香りも楽しめるネペタ(C. nepeta)と大きな花が咲くグランディフローラ(C.grandiflora)ですが、単にカラミンサという場合は、ネペタを指す場合が一般的です。

栽培したところでは、タネを播いて育ててみましたが、発芽後は生育がゆっくりですが、定植して暖かくなると一気に苗が大きくなってきました。

【花の特徴と性質】

草丈

50cmほどになります。

小さな花が長い間咲き続けます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性と耐暑性があります。

学名の説明

Calamintha・・・・・ギリシャ語の kalos(美しい)+ mimthe(ミント)が語源です。

nepeta・・・・・イタリアの Nepete(地名)に由来します。

grandiflora・・・・・「大きな花の」

【主な種類と品種】

ネペタ
C. nepeta

通常ネペタというのは本種です。薄紫の小さな花が長い間咲きます。

グランディフローラ
C.grandiflora

ミペタよりも葉も花も大きく、ピンクの花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

春播き、秋播きのいずれでもかまいません。育苗箱に箱播きし、覆土はごく薄くします。

発芽後、本葉が3〜4枚になったらポリポットに植え替えて育苗します。

植え付け

タネを播いて育てた場合は、ポットに根が回ったら、花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土を深さ20〜30cmほど耕してから植えつけます。

カラミンサの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

株間

庭植えの場合は、20〜30cmほどにします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

水切れを嫌いますので、鉢やプランターで育てる場合は、水やりを忘れないようにします。庭植えの場合は、雑草を取る程度であまり手間がかかりません。

夏の前に切り戻しをしておくと、秋が来るとよく咲いてくれます。

冬の管理

耐寒性がありますので、暖地では花壇に植えても霜除け等は必要ありません。ただし、秋にタネを播いて定植した場合、特に寒さの厳しい日は不織布をべた掛けすると安心です。

鉢やプランターに植えた場合も、戸外で冬を越します

肥料

植え付け時に緩効性の化成肥料を与えます。

鉢やプランターに植えた場合は、春先に追肥をしてやります。

病気・害虫

特にはありませんが、大株になると蒸れて根腐れすることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。