カロコルタス Calochortus spp.

カロコルタスの花
写真 カロコルタス
撮影時期 2010.5.27
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ユリ科
カロコルタス属

園芸分類

秋植え球根

別名

バタフライチューリップ

原産地

アメリカ・カリフォルニア州など

用途

鉢植え、地植え

花期

4〜5月

【カロコルタスについて】

カロコルタスは、カリフォルニア、コロラド、オレゴンなどアメリカの山岳地帯に分布している秋植え球根です。この属には50〜60種ほどが知られていますが、花が美しく魅力的な割には、それほど流通していません。

よく栽培されているのはカリフォルニア州に分布するベヌスツス(C. venustus)で、バタフライチューリップとも呼ばれています。

栽培したところでは、栽培はそれほど難しくありませんでしたので、もっと栽培されてもよいかと思います。

【花の特徴と性質】

カロコルタスの花

草丈

ほっそりとした茎が伸びて、40〜50p程度になります。

一般に栽培されているベヌスツスは、3弁で花径7〜8p程度です。

花色は、白、黄、ピンクなどがあり中央にきれいな斑点が入り、ほんの少しうぶ毛のような毛が生えています。

耐寒性・耐暑性

半耐寒性ですが、寒さには比較的強いようで、今年の冬は軒下に置いてありましたが、特に問題もなく花が咲きました。ただし、寒冷地の場合は室内で管理する必要があります。

学名の説明

Calochortus・・・・・ギリシャ語の kalo(美しい)+ chortos (草)が語源です。

venustus・・・・・「かわいい」、「可憐な」

【主な種類と品種】

一般に栽培されているのは、ベヌスツス種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

10〜11月頃が植えつけの適期です。乾燥しやすいような条件がよいところであれば花壇でも育てられないことはないようですが、過湿を嫌いますので、鉢植えの方が育てやすいと言えます。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植え付け前に苦土石灰を撒いて耕しておきます。

植え付けの深さ

花壇に植える場合は4〜5p、鉢植えの場合3cm程度にします。

鉢植えの用土

過湿を嫌いますので、排水性のよい用土を使います。赤玉土、腐葉土(バーク堆肥)、パーライト(軽石砂)を6:3:1程度に混ぜた用土などが一例です。

カロコルタスの花

株間

庭植えのは10〜15cm、鉢植えの場合は、6〜7号鉢に5球程度を目安にします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりがよく、水はけのよいところに植え付けます。

鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。過湿を嫌いますので、雨のかからない軒下などが最適です。

日常の管理

鉢植えの場合は、過湿にならないよう鉢の表面が乾いてから水を与えます。

休眠期の管理

花壇に植えた場合は、花が咲き終わった後、葉が枯れてきたら掘り上げ、ピートモスなどに埋めて涼しい場所で秋の植え付け時まで保管します。

鉢植えの場合は、鉢に植えたまま、雨のかからない涼しいところで植え替え時まで保管します。

肥料

肥料はほとんど必要ありません。鉢植えの場合は、月に1〜2回、薄めの液肥を与える程度にします。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。