ガザニア Gazania rigens

ガザニアの花
写真 ガザニア 'ニューディミックス'
撮影時期 2014.5.24
栽培状況 秋播き後庭植え(冬は農ポリでトンネル栽培)
科名・属名

キク科
ガザニア属

園芸分類

半耐寒性一年草

別名

勲章菊

原産地

南アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4月〜6月

【ガザニアについて】

ガザニアは南アフリカ原産のキク科の宿根草です。昔からよく栽培されていますが、鮮やかな花色ですので、まとめて植えると花壇が一段と華やぎますし、草丈が低いので、鉢やプランターなどで栽培するのにも向いています。

本来は宿根草ですが、耐寒性が弱く寒地では春播き一年草になります。また、耐暑性も弱く、関東以西の暖地では、夏に枯れてしまうことが多く、秋播き一年草になります。

なお、宿根ガザニアと呼ばれる品種は、耐暑性が強く関東以西の暖地でも夏を越して宿根します。

半耐寒性で耐暑性もやや弱いので、暖地でタネから育てる場合は、少し手間がかかりますが、秋から苗が出ていますのでこれを買って植えると簡単に楽しめます。

栽培したところでは、春播きにして花壇に植えた場合、開花時期が高温多湿になってよい結果が得られませんでした。秋播き後、花壇に植えて農ポリでトンネルをして育てると、春までに苗も大きくなり、上の写真のように、とてもよく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

ガザニアの花

草丈

草丈は、20〜30p程度です。

花の大きさは、大輪系で7〜8p、小さいものでは5p程度です。花の基部や花弁にいろいろな文様が入り、美しいものです。

色は、白、黄、オレンジ、橙色などがあります。

花は日中は開き、夜間や天気の悪い日には閉じています。

耐寒性・耐暑性

乾燥を好み、高温多湿や寒さに弱いところがあります。特に、昨今は猛暑日が増え、夏の間に枯れてしまうものがほとんどです。

耐寒性もそれほど強くなく、霜に当たると傷んでしまいます。宿根ガザニアとして流通している品種は、夏と冬を越すことができます。

学名の説明

Gazania・・・・・15世紀イタリアの学者でアリストテレスやテオフラステスの著書をラテン語に翻訳したテオドール・ガザ (Theodorus Gaza) に因みます。

rigens・・・・・「硬直な」、「強直な」

【主な種類と品種】

タレント

花径7pほどの大輪の混合です。

デイブレクシリーズ

花径7〜8pの大輪です。

シャンソネット

中輪の混合です。

ニューディミックス

株がコンパクトにまとまり、大輪の花が咲く混合です。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

3月〜4月と9月下旬〜10月が種のまきの適期ですが、暖地では秋まきの方がよい結果が得られます。

関東以西の暖地で春播きにすると、苗が十分育たないうちに梅雨時になり、また、夏の高温多湿で枯れてしまうことが多く、満足できる結果が得られません。

ガザニアの花

発芽温度は15度〜18度ですので、秋播きの場合、早播きは控えるようにします。嫌光性種子ですので、覆土は4〜5mm程度にします。

発芽後、本葉が3〜4枚になったらポットに植え替えて育苗します。育苗中、過湿にならないように注意します。

植え付け

本葉が7〜8枚になったら定植しますが、秋播きの場合、冬はフレームや軒下などで管理して、3月下旬〜4月に定植します。秋に定植することもできますが、この場合は、霜除けが必要になります。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥を1u当たり10Lと化成肥料を50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

手軽に楽しみたい方は、年内から苗が園芸店に出てきます。値段も手頃ですので、鉢やプランターに植えればすぐに楽しめます。私の近くの園芸店では、既に11月に花付きの苗が出回っていました。

鉢植えの用土

ガザニアは、過湿を嫌いますので、鉢やプランターの用土は水はけのよいものを使います。赤玉土、腐葉土、パーライト(川砂)を5:3:2ほどの割合で混ぜた用土が向いています。

株間

株の間隔は20p程度が適当です。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

鉢植えの場合は、多湿にならないよう水やりに注意します。咲き終わった花は、こまめに取り除きます。

冬の管理

秋播きで、秋に花壇に定植した場合は、冬は、不織布をかけるか農ポリでトンネルをするなどして霜除けをすると、寒い時期も生育して春までに充実した株になります。

ガザニアの花

農ポリでトンネルをした場合は、暖かい日は換気に気をつけ、蒸しこまないように注意します。

鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下に置きます。水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

株分けや挿し芽で増やすことはできますが、夏の高温多湿を考慮すると、秋にタネを播いて育てた方が早道です。

肥料

開花期間が長いので追肥を怠らないようにします。花壇に植えた場合は、元肥に加えて、暖かくなったてきたら月に1回緩効性の化成肥料を与えます。

鉢やプランターに植えた場合も、冬場を除き、10日に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

病害虫では、ウドンコ病にかかりやすいので注意します。また、アブラムシが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。